幼稚園児を持つ親必読の「ジャック式」教科書

子どもはなぜ「跳び箱」を跳ばなければならないのか?

子どもはなぜ「跳び箱」を跳ばなければならないのか?
定価
1650円(税込)
発売日
判型/頁
4-6/240
ISBN
9784098401109
〈 書籍の内容 〉
初等教育の開始が満6歳の春と定められたのは、1872年。以来、教育改革が叫ばれる現在に至るまで、画期的な制度改革はなされていません。子供達は園児時代に机に向かって継続的に座る習慣がないまま、小学校に入学したと同時に、6時間に渡って机の前に拘束されるわけです。学級崩壊等の出現の土壌はここに起因します。小学校入学前に段階的かつ自然にプレ初等教育を実践する事が、両親に求められています。

あなたにオススメ!

  • 学力は家庭で伸びる〔小学館文…
  • 小児科医がつくったゆっくりこ…
  • 未知に勝つ子育て
  • 流動型『学び合い』の授業づく…
  • 一人も見捨てない!菊池学級 …
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ