小学館新書

やくざ映画入門

やくざ映画入門
定価
902円(税込)
発売日
判型/頁
新書判/208
ISBN
9784098254118
〈 書籍の内容 〉
『半沢直樹』の源流は「任侠映画」だった!
コンプライアンス遵守が盛んに叫ばれる現代。かつて全盛を極めた「やくざ映画」の命脈も風前の灯火だ。しかし、その中は「組織論」「義理と人情」など、日本社会の本質を理解するカギがそこかしこに隠されている。
『仁義なき戦い』『人生劇場 飛車角』『博奕打ち 総長賭博』『緋牡丹博徒』『県警対組織暴力』--日本映画史に燦然と輝く名作を紐解きながら、難解と思われがちなこのジャンルの「歴史」「全体像」「楽しみ方」をわかりやすく解説。
なぜやくざ映画は、我々の心を掴んで離さないのか。不健全な作品にしか、救えない魂があるからだ。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
やくざ映画が大好きなマニアから、「興味はあるけれどなかなか手を出せないというビギナーまで楽しめる入門書。わかりやすい解説と独自の視点で、映画史・時代劇研究家の春日太一氏が"不健全映画"の世界へと誘います。
編集者の一推しは、詳細なスター&脇役名鑑。なぜ田中邦衛や長門裕之、ピラニア軍団が重宝されたのか、その秘密がわかります。

あなたにオススメ!

  • 一生モノのジャズ・ヴォーカル…
  • 子どもは「この場所」で襲われ…
  • 日本列島「現代アート」を旅す…
  • 経済を読む力
  • ジス・イズ・アニメーション …
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ