小学館新書

コロナとワクチンの全貌

コロナとワクチンの全貌
ためし読み
定価
902円(税込)
発売日
判型/頁
新書判/192
ISBN
9784098254101

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2021/09/30
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
日本人への緊急メッセージ!
コロナ禍の中、ワクチン接種が進められているが、はたしてそれで全て解決するのだろうか? ワクチン接種が進んだ国でも感染者が再び急増している。日本でも接種後の死者は数百人を超え、副反応の危険を指摘する声も少なくない。

そもそも、世界から見ると日本は、人口当たりの感染者数も死亡者数も極めて少ない。ところが、対策は欧米と同じため、経済は疲弊し、失業者や自殺者が急増している。日本の対策は根本的に間違っているのではないか?

ベストセラー『コロナ論』、『コロナ脳』の著者で漫画家の小林よしのり氏と、医学者で大阪市立大学名誉教授(分子病態学)の井上正康氏が、テレビや新聞では報道されない「コロナとワクチンの全貌」を語り尽くす!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
現在、新型コロナとワクチンについては、言論封殺のような状況が起こっています。テレビや新聞では、「コロナは恐ろしい」「ワクチンで全て解決する」というような論調ばかりが目につきます。ネットでも、ワクチンについて懐疑的な発言が削除される事例が相次いでいます。なぜか、マスコミにおいて両論併記という原則が失われているのです。

そんな中、本書では、新型コロナとワクチンについて、最新の研究成果を踏まえた上で、的確な対策を行うための判断材料を提示しています。

なぜ、日本は欧米と比べ、感染者数も死者数も極めて少ないのか? 緊急事態宣言は本当に効果があるのか? なぜ、ワクチンを打っても感染者が増えるのか? ワクチン接種後の死者数についてどう考えればいいのか?

これは、テレビや新聞、ネットではなく、「書籍」だからこそ伝えられる情報です。

是非、ご一読いただき、ご自身とご家族を守るための判断材料にしていただければ幸いです。
〈 目次をみる 〉
コロナとワクチンの全貌  目次


まえがき            小林よしのり

●第1章    専門家は全く信用できない

●第2章    日本でワクチンは必要なのか

●第3章    誰も言わないコロナの正体

●第4章    日本は集団免疫ができている

●第5章    間違いだらけのコロナ対策

●第6章    今すぐにやるべきこと

●第7章    コロナ禍と死生観

あとがき             井上正康
〈 電子版情報 〉
コロナとワクチンの全貌(小学館新書)
Jp-e : 098254100000d0000000
日本人への緊急メッセージ!

コロナ禍の中、ワクチン接種が進められているが、はたしてそれで全て解決するのだろうか? ワクチン接種が進んだ国でも感染者が再び急増している。日本でも接種後の死者は数百人を超え、副反応の危険を指摘する声も少なくない。

そもそも、世界から見ると日本は、人口当たりの感染者数も死亡者数も極めて少ない。ところが、対策は欧米と同じため、経済は疲弊し、失業者や自殺者が急増している。日本の対策は根本的に間違っているのではないか?

ベストセラー『コロナ論』、『コロナ脳』の著者で漫画家の小林よしのり氏と、医学者で大阪市立大学名誉教授(分子病態学)の井上正康氏が、テレビや新聞では報道されない「コロナとワクチンの全貌」を語り尽くす!

(底本 2021年10月発行作品)

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

コロナ禍の茶番とワクチン至上主義の世の中が恐ろしく、確固たる自論確立のために色々情報収集しているため。 マスクは意味がないと思っていたが、その根拠を明確に知ることができて良かった。下水でPCRを訴えていた山本太郎氏はかなりバッシングされていたが、やはり正しいではないか!広めたい。(40代 女性) 2021.11.23

「本書は、コロナ渦の総括的な位置づけである!」と著者らが言われているのは、間違いないと思いました。これまで、小林よしのり先生は世相を切る漫画家として、「コロナ論」や小学館出版の「コロナ脳」を上梓し、世の中を啓発してきました。また、井上正康先生は、科学者という専門家の立場で、「コロナウイルス」に対する過剰な対応に警告を発してきました。そのようなお二人は本書を世の中に問うているので、内容が重厚であるのは間違いないのですが。。。その予想は見事に当たりました。少なくとも、「コロナ渦」に関する生物学、経済的な側面、法治主義などについて正しい知識を得て考え続けている人達にとっては、本書は、まさに総括的な位置づけであり(といいつつも、コロナウイルス生物学、免疫学、およびワクチンに関する最新の知見も盛り込まれている)、非常に読みやすい本である、というのが、率直な印象であります。 さて、自分はこの本が出版された後にすぐ購入して2回通読しているのですが、しばらく読者カード感想を送らなかったのは、「自分はこの本が世の中のために売れてほしいと思っているが、果たして現在の世相でこのような一見重厚な内容の本が売れるのだろうか?」という疑問があり、しばらく様子を見たかったためであります。しかしながら、幸いにして発売後、本書はすぐに増刷され、「まだまだ世の中も捨てたものではないな~!」と少し安心した次第でございます。  私は医学系の研究者をしておりますが、本書の専門的な部分にコメントを出すという“野暮"なことは致しません(それは、本書で充分説明しつくされているからであります)。しかし、井上先生と自分は格は違いますが、同業の研究者として非常に感銘を受けましたのは、本書24ページで言及されております「その分野で80点まで取れるくらいの知識を得て、さらに100点をとるためには何十倍も勉強しなければいけないが、分野を変えて4年勉強すればまた80点とれるようになる。こうしてそれを積み重ねていくと、総合的な物の見方ができるようになる」。ここに、科学者としての良心を感じました(一方で、研究者として生き残っていくためには、専門をつきつめないと研究費がとれない、というかなり本当をお話も伝えられておりますので、非常に冷静な見方かと思います)。  最後に、重ねて申し上げたいのですが、世の中のために、本書は売れ続けてほしい!と切に願います。 (50代 男性) 2021.11.18

ゴーマニズム宣言すきでした。 今回コロナに関してちゃんとした意見が知れて良かったです。ただ、コロナ後遺症についても考察が欲しかった。ワクチン接種には懐疑的です。地球規模で人員削減されているのかなと、印象あります。自然の摂理というか。(50代 女性) 2021.11.14

新聞やテレビでは得られない情報が満載で興味深いものでした(50代 男性) 2021.11.7

非常にわかりやすく、高齢者にも勧められる本です。(50代 男性) 2021.11.5

小林よしのり先生のブログを時々、拝見しております。本書も、日本の全体主義に警鐘を鳴らして下さる貴重な書籍だと思います。(40代 男性) 2021.10.30

常識とは何かを考えさせられました。今までの生活スタイルのままでいいこと、マスクが全体主義や奴隷の象徴であることが分かりました。 「はだしのゲン」を読んで、こんな世の中になってほしくないと願っていましたが、まさに「戦時中」と同じ空気になってしまい辟易しています。自ら勉強しないと周りの空気に流されてしまうことの恐ろしさも知り、抗う勇気も必要だと再確認できました。(30代 男性) 2021.10.16

非常に有用な本。正しい知識を国民に広めて欲しい。(50代 男性) 2021.10.16

とてもためになりました。(50代 男性) 2021.10.14

新型コロナウイルスについての真実が書かれた対談本で、多くの人に読まれ、コロナ禍を終わらせるきっかけになってほしい書籍だと思いました。 1年以上前から新型コロナウイルスについての真実を書いてきた小林よしりん先生の対談本なので購入して知識の補完をしようと考え購入しました。(50代 男性) 2021.10.12

あなたにオススメ!

  • コロナ脳
  • 細菌ラボ
  • 新型コロナワクチン 副作用が…
  • 新型コロナVS中国14億人
  • ドラえもん科学ワールド スポ…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ