小学館新書

さらば愛しき競馬

さらば愛しき競馬
ためし読み
定価
924円(税込)
発売日
判型/頁
新書判/256
ISBN
9784098253890

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/11/26
形式
ePub
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
名伯楽が40年の競馬人生で体得したもの
日本馬として初めてドバイワールドカップを制したヴィクトワールピサ、64年ぶりに牝馬のダービー馬となったウオッカ──調教師として数々の金字塔を打ち建ててきた角居勝彦氏だけに、「厩舎解散」の報せは衝撃を持って伝えられた。

「初めて馬に触れてから40年近く、競馬の世界でお世話になりました。本書では、その間に私が見たたこと感じたこと、そして勝つために努力したこと、勝つことで確信できたことなどを綴っていくつもりです。競馬に使う側の考え方や方法論を知ることで、大いに馬券検討の参考になるはずです。競馬を支えてくださったファンの方への恩返しのつもりで(中略)正直に打ち明けました」(本書「はじめに」より)

トップステーブルはどういう基準で騎手を選んでいるのか、オーナーとのコミュニケーションは? レース選択のポイント、厩舎コメントに込められた思い、スタッフのマネジメント術から日本競馬界が抱える課題までファン垂涎「目からウロコ」の言葉の数々。週刊ポスト誌上での連載を元に大幅に加筆再構成。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
常勝を誇った調教師は何を考えて動いていたか──競馬通なら引き込まれること確実の角居語録。

最多勝利調教師賞(2011年、2012年、2013年)
最多賞金獲得調教師賞(2005年、2008年、2010年、2013年、2014年)

競馬の本質をわきまえた馬券検討を可能にする一冊です。
〈 目次をみる 〉
はじめに

序章 馬と過ごした40年

第1章 馬をめぐる人々

第2章 情報の読み方

第3章 馬の個性

第4章 レース

第5章 日本競馬というシステム

第6章 厩舎

第7章 GIへの思い

終章 重賞勝ち馬の想い出
          
あとがき
〈 電子版情報 〉
さらば愛しき競馬(小学館新書)
Jp-e : 098253890000d0000000
名伯楽が40年の競馬人生で体得したもの。

日本馬として初めてドバイワールドカップを制したヴィクトワールピサ、64年ぶりに牝馬のダービー馬となったウオッカ──調教師として数々の金字塔を打ち建ててきた角居勝彦氏だけに、「厩舎解散」の報せは衝撃を持って伝えられた。

「初めて馬に触れてから40年近く、競馬の世界でお世話になりました。本書では、その間に私が見たたこと感じたこと、そして勝つために努力したこと、勝つことで確信できたことなどを綴っていくつもりです。競馬に使う側の考え方や方法論を知ることで、大いに馬券検討の参考になるはずです。競馬を支えてくださったファンの方への恩返しのつもりで(中略)正直に打ち明けました」(本書「はじめに」より)

トップステーブルはどういう基準で騎手を選んでいるのか、オーナーとのコミュニケーションは? レース選択のポイント、厩舎コメントに込められた思い、スタッフのマネジメント術から日本競馬界が抱える課題までファン垂涎「目からウロコ」の言葉の数々。週刊ポスト誌上での連載を元に大幅に加筆再構成。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

めちゃめちゃ買って読んでみてよかったです!面白かったし、為にもなりました。(20代 女性) 2021.4.22

厩舎や騎手のコメントの解釈や裏話など、そうなんだと思う ことの多い本だった。 (50代 男性) 2021.2.23

角居調教師が引退という事でとても読みたくなり予約して購入。(40代 男性) 2021.2.12

角居先生の調教の姿勢について知りたかったので、この本は満点だった。お人柄がしのばれる口調で書かれていてたいへん読みやすかった。(40代 男性) 2021.1.28

調教師を若くして引退する角居氏の考え方を知りたく購入しました。内容も期待どおり濃いもので満足しました。(60代 男性) 2020.12.18

思った以上に興味深く、おもしろい内容だった。また、同じ筆者の著作を読んでみたい。(40代 男性) 2020.11.30

あなたにオススメ!

  • 競馬感性の法則
  • あんころ。 1
  • 風の向こうへ駆け抜けろ
  • ポコあポコ 2
  • 競馬なしでは生きられない!
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ