小学館新書

娘のトリセツ

娘のトリセツ
ためし読み
定価
902円(税込)
発売日
判型/頁
新書判/160
ISBN
9784098253814

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/10/01
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
妻、夫に続く「家族のトリセツ」第3弾!
ベストセラー『妻のトリセツ』『夫のトリセツ』に続く
「家族のトリセツ」シリーズ待望の第3弾は
父親のための『娘のトリセツ』。

父親にとって、無条件にかわいいのが娘。

しかし一方、男である父親にとって、
異性である娘には不可解な言動が多く、
接し方に戸惑う場面が多い。

幼い頃には
「大きくなったらパパと結婚する」
といっていた娘が思春期になると豹変し、
「ウザい! あっちへ行け!」
と言われて深く傷ついている父親も数知れず。

しかし、それでも。

娘を幸せにするのは、父親の責任である。

そして娘が幸せになるかどうかは、実は父親の接し方にかかっている。
父の愛は、娘の一生を守るのだ。

娘を持つ父親なら誰もが必ず読んでおくべき必読の一冊。

そして実は、誰かの娘である女性にとっても欠かせない一冊である。
「女性の幸せ」を形づくる「最初の1ピース」に、思わずハッとするはずだ。

 

〈 電子版情報 〉
娘のトリセツ(小学館新書)
Jp-e : 098253810000d0000000
妻、夫に続く「家族のトリセツ」第3弾!

ベストセラー『妻のトリセツ』『夫のトリセツ』に続く
「家族のトリセツ」シリーズ待望の第3弾は
父親のための『娘のトリセツ』。

父親にとって、無条件にかわいいのが娘。

しかし一方、男である父親にとって、
異性である娘には不可解な言動が多く、
接し方に戸惑う場面が多い。

幼い頃には
「大きくなったらパパと結婚する」
といっていた娘が思春期になると豹変し、
「ウザい! あっちへ行け!」
と言われて深く傷ついている父親も数知れず。

しかし、それでも。

娘を幸せにするのは、父親の責任である。

そして娘が幸せになるかどうかは、実は父親の接し方にかかっている。
父の愛は、娘の一生を守るのだ。

娘を持つ父親なら誰もが必ず読んでおくべき必読の一冊。

そして実は、誰かの娘である女性にとっても欠かせない一冊である。
「女性の幸せ」を形づくる「最初の1ピース」に、思わずハッとするはずだ。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

書いてあることが、日常生活と私の気持ちにピッタリ当てはまり、納得しながら、一気に読み終えました。感動しました。 次は、妻のトリセツも読みます。(40代 男性) 2021.9.13

親の悲しみが子供の幸せや人生を形づくるという内容だった。   元々健全な家庭の話だと思った。  今はもう亡くなってしまった父の悲しみも母の悲しみも私の人生にはなんの役にも立たない、影響もない。悲しいほどに。 意思決定にも反映されない。  この著者の黒川さんの様な父親だったらどんだけ救われただろうと思う。  この本を手に取る時点ですでに娘に対する愛情を感じる。 父の愛情を感じることが無かった、守られなかった娘にも『父親もこうだった(なら、いいな)』と思える本だった。(30代 女性) 2021.9.9

妻のトリセツ、夫のトリセツに引き続き、とても読み易く面白い作品でした。自身は娘ですが、家は母がルールとなっておりそれが幸せの要と感じます(20代 女性) 2021.7.28

私には父親がいませんが、本書の中にあったエピソードと同じことを母親と経験したことを思い出し、母親に改めて感謝をしました。(40代 女性) 2021.7.10

小さい娘の父です。将来娘に嫌われたくないのでいまのうちに勉強しておこうと思い購入しました。 お父さん臭い!と思われる日が来ないで欲しいとずっと思っていました。しかしそれは仕方ない場合もあるとわかり、諦めがつきました。 本を参考にし、臭いと思われても、臭いと言われないような関係性を築いていきたいです。(30代 男性) 2021.6.18

冒頭の「父が1番大切なのは妻だと示すこと、ヒロミさん風子育てが、娘の幸せに繋がる」という理論に、とても納得しました。妻のトリセツ、夫のトリセツ、娘のトリセツで三冊目です。黒川さんの軽快かつ理論的な文章に、いつも励まされています!!(40代 女性) 2021.6.3

何か、ふと本を読みたいと思いたまたま(すみません)手にした本が黒川さんの娘のトリセツでした。 数ページ読むと笑ってしまい、買いたい!と思いました。 13歳と11歳の年頃の娘がいて、言い合いをしてしまう時があり……本を読み終えた後、この本ともっと早く出会いたかったな、と思いました。 7歳の息子もいるので、次は息子のトリセツを購入したいと思っています。(40代 女性) 2021.5.1

過去、娘であった自分と父のやりとりを思い出し、 泣きそうになりました。 我が家にも娘が2人いるので、 まずは主人におすすめします   .(40代 女性) 2021.4.4

著者の方が好きだから。(40代 男性) 2021.2.28

本を読む事が本当に嫌いなまま大人になり、3人の子供の母になりました。 忙しすぎて本など興味を持たないまま時間だけが過ぎ、上の子が小学校高学年になってから子育て育児本を読み始めました。 何の本を読んでも、小さい頃にこうすべきだったな。 もう過ぎてしまったからどうしようもない。と落ち込むしかない育児本ばかりでした。 読書の嫌いな私はますます嫌いになり、読めば読むほど子育てへの後悔で涙が止まらない程で、習い事の先生に泣きながら相談したり闇の中にいるようでした。 そんな中滅多に行かない書店でたまたま息子のトリセツが目に入り、ペラペラとめくると食事について書かれていた為購入させて頂きました。  息子が1人いますが、食事の偏りがある為かお風呂で倒れてしまったりしていた為です。  1ページ目でだいたい飽きてしまう私が読み進める程面白く、時には号泣しながら3日ほどで読み終えてしまいました。 中でも特に私の救いだったのが、過ぎてしまったお母さん。思春期を迎えたお母さん‼︎大丈夫‼︎ というような解決策を書いて下さっている部分です。 安心の塊でした。  嬉しくて何度も読みたい。という気持ちからそのまま娘のトリセツも即購入し即読み終えました。 本嫌いな私に読む事で前向きな気持ちを起こさせてくれた黒川先生に感謝しています。  早速食事についての本も購入したいと思っているところです。 ありがとうございました‼︎ 困っているお母さん悩んでいるお母さんが元気になりますように‼︎(30代 女性) 2021.2.27

あなたにオススメ!

  • 「みんなの学校」から社会を変…
  • 思春期の子に、本当に手を焼い…
  • 「男女格差後進国」の衝撃
  • 知らないと損する給与明細
  • 学力は家庭で伸びる〔小学館文…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ