小学館新書

働き方5.0

これからの世界をつくる仲間たちへ

働き方5.0
ためし読み
定価
902円(税込)
発売日
判型/頁
新書判/208
ISBN
9784098253715

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/06/03
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
「社会の前提」は、すべて変わった。
「コロナ」によって、社会の前提がすべて変わった。
2020年、我々の「働き方」は大変革を迫られた。
リモートワークによって使える人的・時間的リソースが限られる中で、「やるべき仕事」が自ずと抽出されてきた。無駄な会議、出なくてもいいミーティングは排除され、ビジネスチャットやビデオ会議などテクノロジーで解決できることはそれに任せることが増えてきた。そして、「リモートワークのみで済む人材」への置き換えも始まりつつある。
では、「人間がやるべき仕事とは何か」──コンピュータやAIが進化した今、私たちはこの命題に直面している。ウィズコロナ、そしてポストコロナの世界では、それがいっそう問われることになる。
機械では代替できない能力を持つ人材=「クリエイティブ・クラス」として生きていくには、社会とどう向き合うべきなのか。
落合陽一氏のロングセラー『これからの世界をつくる仲間たちへ』をアップデートして新書化。
〈 目次をみる 〉
新書版まえがき/今こそ「未来の働き方」を共有したい
プロローグ/「魔法をかける人」になるか、「魔法をかけられる人」になるか
第一章/人はやがてロボットとして生きる?
第二章/いまを戦うために知るべき「時代性」
第三章/「天才」ではない、「変態」だ
エピローグ/エジソンはメディアアーティストだと思う
新書版あとがき/新しい自然を創りたい

〈 電子版情報 〉
働き方5.0~これからの世界をつくる仲間たちへ~(小学館新書)
Jp-e : 098253710000d0000000
「社会の前提」は、すべて変わった。

「コロナ」によって、社会の前提がすべて変わった。
2020年、我々の「働き方」は大変革を迫られた。
リモートワークによって使える人的・時間的リソースが限られる中で、「やるべき仕事」が自ずと抽出されてきた。無駄な会議、出なくてもいいミーティングは排除され、ビジネスチャットやビデオ会議などテクノロジーで解決できることはそれに任せることが増えてきた。そして、「リモートワークのみで済む人材」への置き換えも始まりつつある。
では、「人間がやるべき仕事とは何か」──コンピュータやAIが進化した今、私たちはこの命題に直面している。ウィズコロナ、そしてポストコロナの世界では、それがいっそう問われることになる。
機械では代替できない能力を持つ人材=「クリエイティブ・クラス」として生きていくには、社会とどう向き合うべきなのか。
落合陽一氏のロングセラー『これからの世界をつくる仲間たちへ』をアップデートして新書化。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

とても分かりやすく新しい目線で 綺麗にまとめられた本だと思います。 年代問わず今読むべき本だと思います。(40代 女性) 2021.2.8

落合さんの論説がわかりやすいこと 落合さんの考え方に共鳴すること  本書の方向性を選択している人や、次世代へ勧めようとする人は、成人以降ではまだ少数かもしれません。それだけに、30代の私は本書で学びを深める必要を感じました。 この学びは私の行動の指針になります。ありがとうございました。(30代 男性) 2020.12.6

落合陽一のファンであるから(30代 男性) 2020.10.24

理由は2点、著者への興味とタイトルへの興味です。著者への興味は、友人家族が名前を出していたり堀江貴文が本著者との対談が面白かったと言っていたからです。どんな人なんだろうという興味が湧いたので本を通して知りたいと思いました。 タイトルに関しては、自身の就活における働き方へのヒントになればと思ったのとコロナ禍で働き方が表層的に激変したので、専門家の知見を聞きたいと思いました。(20代 男性) 2020.10.12

コンピュータと自然界の関係を分かりやすく表して、働き方の姿を捉まえていたので、切り口が良かった。(50代 男性) 2020.10.4

新型コロナ発生以来、働き方について色々考えさせられました。今後何を視座に物事を考えるべきかヒントが欲しかったから。筆者の最近のコメントに共感するものが多いため。(50代 男性) 2020.7.26

わかりやすくて読みやすかった (40代 女性) 2020.7.15

ラジオ番組での紹介で購入しました。半信半疑で購入したものの、かなり刺さりました。 若い人向けに書かれた本だと思いますが、私としては以下のようにしていこうと思っています。 ・マクロな課題についての対応策を考える ・スケールを広げすぎない「世界をこう変えたい」などは広すぎる ・モチベーションに無理やり紐づけない。(むしろ課題に対する取り組みがモチベーション維持になる)(40代 男性) 2020.7.14

「日本進化論」を読んで腑に落ち、その後なんとなく気にかかっていたところ、Amazonで新著発行を知り、思わずポチってしました。過去の著作のおまとめ(加筆・修正版)とはいえ、時機を外さず、現代の若者へのピンポイントなアドバイスを与えていると思います。次著も読んでみたいと思います!(60代 男性) 2020.7.12

デジタルシフトに際して必読の書と感じたから。(50代 男性) 2020.7.6

あなたにオススメ!

  • リモートワークの日本語
  • 新・仕事力
  • 発想力
  • 稼ぎ続ける力
  • 僕たちはもう働かなくていい
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ