小学館新書

働き方5.0

これからの世界をつくる仲間たちへ

働き方5.0
ためし読み
定価
本体820円+税
発売日
判型/頁
新書判/208
ISBN
9784098253715

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/06/03
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
「社会の前提」は、すべて変わった。
「コロナ」によって、社会の前提がすべて変わった。
2020年、我々の「働き方」は大変革を迫られた。
リモートワークによって使える人的・時間的リソースが限られる中で、「やるべき仕事」が自ずと抽出されてきた。無駄な会議、出なくてもいいミーティングは排除され、ビジネスチャットやビデオ会議などテクノロジーで解決できることはそれに任せることが増えてきた。そして、「リモートワークのみで済む人材」への置き換えも始まりつつある。
では、「人間がやるべき仕事とは何か」──コンピュータやAIが進化した今、私たちはこの命題に直面している。ウィズコロナ、そしてポストコロナの世界では、それがいっそう問われることになる。
機械では代替できない能力を持つ人材=「クリエイティブ・クラス」として生きていくには、社会とどう向き合うべきなのか。
落合陽一氏のロングセラー『これからの世界をつくる仲間たちへ』をアップデートして新書化。
〈 目次をみる 〉
新書版まえがき/今こそ「未来の働き方」を共有したい
プロローグ/「魔法をかける人」になるか、「魔法をかけられる人」になるか
第一章/人はやがてロボットとして生きる?
第二章/いまを戦うために知るべき「時代性」
第三章/「天才」ではない、「変態」だ
エピローグ/エジソンはメディアアーティストだと思う
新書版あとがき/新しい自然を創りたい

〈 電子版情報 〉
働き方5.0~これからの世界をつくる仲間たちへ~(小学館新書)
Jp-e : 098253710000d0000000
「社会の前提」は、すべて変わった。

「コロナ」によって、社会の前提がすべて変わった。
2020年、我々の「働き方」は大変革を迫られた。
リモートワークによって使える人的・時間的リソースが限られる中で、「やるべき仕事」が自ずと抽出されてきた。無駄な会議、出なくてもいいミーティングは排除され、ビジネスチャットやビデオ会議などテクノロジーで解決できることはそれに任せることが増えてきた。そして、「リモートワークのみで済む人材」への置き換えも始まりつつある。
では、「人間がやるべき仕事とは何か」──コンピュータやAIが進化した今、私たちはこの命題に直面している。ウィズコロナ、そしてポストコロナの世界では、それがいっそう問われることになる。
機械では代替できない能力を持つ人材=「クリエイティブ・クラス」として生きていくには、社会とどう向き合うべきなのか。
落合陽一氏のロングセラー『これからの世界をつくる仲間たちへ』をアップデートして新書化。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

DXが社会インフラの重要な基盤となる。よく理解出来た。(70代 男性) 2020.6.11

コロナウイルスが流行し、そのあとの社会変化を先読みできると思ったから。(20代 女性) 2020.6.8

あなたにオススメ!

  • リモートワークの日本語
  • 新・仕事力
  • 発想力
  • 僕たちはもう働かなくていい
  • まんがでわかる ECビジネス
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ