小学館新書

キレる!

脳科学から見た「メカニズム」「対処法」「活用術」

キレる!
ためし読み
定価
858円(税込)
発売日
判型/頁
新書判/192
ISBN
9784098253418

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2019/06/05
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
"キレる人・キレる自分"に振り回されない
本書では、“キレる"という感情について、「なくすべきもの」とネガティブに捉えず、脳科学的に分析しながら具体的な対処法・活用法を考察していきます。ここ最近、高速道路での悪質なあおり運転(ロードレイジ)、児童虐待、モンスターペアレント等、怒りを抑えきれずに社会的な事件につながるケースが数多く起こっています。
そこで、「“キレる"という感情は、人間にはそもそも備わっているもの」という視点に立ちつつ、怒りの正体を科学的に分析しながら、“キレる人"や“キレる自分"に振り回されずに怒りの感情を活用して、上手に生きていく方法を探っていきます。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
人間誰しも「キレ」ます。そんな時のために、自分や周囲と上手に対応する術(すべ)を心得ておくと、人生楽し!
〈 電子版情報 〉
キレる!(小学館新書)
Jp-e : 098253410000d0000000
“キレる人・キレる自分"に振り回されない。

本書では、“キレる"という感情について、「なくすべきもの」とネガティブに捉えず、脳科学的に分析しながら具体的な対処法・活用法を考察していきます。ここ最近、高速道路での悪質なあおり運転(ロードレイジ)、児童虐待、モンスターペアレント等、怒りを抑えきれずに社会的な事件につながるケースが数多く起こっています。
そこで、「“キレる"という感情は、人間にはそもそも備わっているもの」という視点に立ちつつ、怒りの正体を科学的に分析しながら、“キレる人"や“キレる自分"に振り回されずに怒りの感情を活用して、上手に生きていく方法を探っていきます。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

中野信子先生の本は、好きで何冊も読んでいるが、¨キレる!¨は、タイトルがタイトルだったので読むのをためらっていました。感想は、読んでみると自分に必要な事がてんこ盛りで、早く読めば良かったです。(50代 男性) 2021.4.10

自身がキレてしまうことの科学的メカニズムが知りたかった(30代 男性) 2021.3.27

まさにこの状況に直面している為(50代 男性) 2021.3.11

最初は本屋さんで偶然見つけたことがきっかけです。 インパクトのあるタイトルが私の目を引きました。 少し立ち読みし、衝撃を受けました。  実は仕事でいろいろあって、精神的にかなり厳しい状態になり、退職しました。 怒りや悲しみなどが交錯して、自分が今どのような感情なのか分からない時もありました。 本屋さんで少し立ち読みし、"キレないと搾取される、都合のいい人にならないで"という中野信子先生の言葉に涙が出そうになり、その日は購入出来ませんでした。 が、今週ネットで購入し、一気に読みました。 とても救われた気持ちになりました。  自分の心を守るためには、キレてもいいのだ。 最初が肝心だったんだ。 自分には理不尽な扱いは通用しないぞ、と自分でアピールする必要があったのに、 いくら職場だからと、理不尽なことに我慢してしまった自分にも問題があったのだと、反省出来ました。 そして今後はトレーニングし、同じ過ちを繰り返さないと思うことが出来ました。  冗談抜きで私が今まで読んだ本の中で一番腑に落ち、そして最も良い本だと思いました。 この本を出して下さった中野先生、そして貴社には心から感謝しています。 (40代 女性) 2021.2.19

脳科学に興味があるから。 普段の生活に活かすことができる内容だった。(50代 女性) 2021.1.24

中野信子さんの本が好きだったため。(20代 女性) 2021.1.7

中野信子さんが好きなので購入させていただきました(30代 男性) 2020.11.21

子供のころから高齢者になった今まで、小学館さんには感謝しています。私の心のよりどころです!(60代 男性) 2020.10.2

子供が思春期で全てに反発したり常に怒ってるので何かいい接し方など、参考になればと。キレやすい人との接し方、参考になりました。(40代 女性) 2020.9.1

愛着障害がいろんな記事で取り上げられていたのを読み、それ関連の書籍を読んだ流れで中野信子先生のネ本もネットで解説記事を読んで、まず図書館で借りて読みました。内容が分かりやすく、自分が今まで困っていた事の原因や対応を学ぶことができました。いつも読み返したいと思い、書店にて購入した次第です。(40代 女性) 2020.8.27

あなたにオススメ!

  • 「嫌いっ!」の運用
  • 嫉妬をとめられない人
  • ヒトは「いじめ」をやめられな…
  • 〈新版〉自分を支える心の技法
  • 「また怒ってしまった」と悔い…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ