小学館新書

学歴フィルター

学歴フィルター
定価
本体780円+税
発売日
判型/頁
新書判/192
ISBN
9784098253272
〈 書籍の内容 〉
新たな「学歴差別」
<人事担当者「いや、あそこの大学は遠慮します。毎年会社説明会に来てくれるんですが、ちょっとね……」>(本文より)

新卒採用の会社説明会に一流大学の学生が参加できるのに、偏差値の低い大学の学生だと「満席」を理由に申し込めない──学生を大学名でふるいにかける「学歴フィルター」の存在がたびたび就活生から指摘され、ネットで炎上している。

都市伝説のように語られる「学歴フィルター」は確かに存在する。
20年以上にわたって、就活業界で学生の指導にあたってきた著者がその実態を明らかにする。

主な内容
■「学歴フィルター」はこんな場面で使われている!
■企業はなぜ「学歴フィルター」を使うのか?
■大企業の56%が設定する「ターゲット大学」
■リクルーター制度も大復活
■そもそも「大学の偏差値」と「優秀な人材」には関係があるのか?
■「高学歴は努力の結果」は本当か?
■偏差値が低い大学から「学歴フィルター」を乗り越えた学生は何をしたのか?

「学歴フィルター」の具体例を紹介し、その社会的な問題点を指摘、対策も紹介する、初の解説書。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
非正規雇用が増えた現在、学生たちにとって就職活動は「一億総中流」と言われた時代に比べて遥かにシビアになっています。
正社員になれるかどうか、大手企業に入社できるかどうかによって、生涯収入は大きく変わり、人生が左右されると言っても過言ではありません。
そんな中、新卒採用試験や面接の前に、大学名だけで門前払いされる学生たちがいます。
なぜそのような差別がまかり通っているのか、著者は徹底的に分析します。

同時に、事実をありのままに伝えた上で、中堅大学、低選抜大学の学生たちには、「学歴フィルター」を乗り越える術を伝えます。

これまで「学歴フィルター」について深く論じた本はありませんでした。初の解説書にして決定版です!

〈 目次をみる 〉
第1章 一流企業は「学歴重視」に回帰した
第2章 学歴フィルターは随所で使われている
第3章 上位大学と低選抜大学では何が違うのか
第4章 脈々と続く学歴差別の歴史
第5章 「学歴は努力の結果」は本当か
第6章 学歴フィルターを乗り越える
第7章 就活を改革せよ

あなたにオススメ!

  • 高学歴モンスター
  • 僕はミドリムシで世界を救うこ…
  • 「日本の四季」がなくなる日
  • 中国人が選んだワースト中国人…
  • セックス・ヘルパーの尋常なら…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ