小学館新書

世界が感動する日本の「当たり前」

〈 書籍の内容 〉
駐日大使の「トップ」が語る新日本論
 駐日大使154人の代表、駐日外交団長となって7年となる著者は、日本人以上に日本への造詣が深い。母国サンマリノ共和国に伊勢神宮由来の神社が創建されたこと、また、『ニッポンまつり』を毎年開催できることを「光栄なこと」と喜ぶ。20年に一度行われる伊勢神宮式年遷宮の儀にも招待されるなど、外国人でありながら日本の文化や精神性に精通している。駐日外交団長として天皇皇后両陛下へ拝謁する機会も多く、毎年12月の天皇誕生日「茶会の儀」では大使の代表として祝賀スピーチの大役を仰せつかっている。
 著者は、日本人が「当たり前」に思っている事象の中に「日本の真価」を見いだす。そして、世界を魅了し続ける日本の文化、精神性、神道、観光資源を外交官の目で分析し、建設的な意見を提言。そして、2020年4000万人インバウンド時代に向け、日本がもっと自信を持つよう勇気づける。
 世界初の大使館や大使についての歴史、外交官の使命、駐日外交団の役割など、知られざる外交官の仕事についても明らかにする。
 本書は 「日本の『当たり前』は世界では素晴らしいこと」と語る親日外交官による新日本論である。

〈 編集者からのおすすめ情報 〉
カデロ大使はとてもチャーミングな方です。母国語のイタリア語以外にも、日本語、フランス語、英語などが堪能で、ジョークも抜群です。イタリア(サンマリノ)料理がお好きですが、日本の納豆も大好きで、「地中海料理+和食」が、健康の秘訣だそうです。本書では神道から、和食、温泉まで、大使が日本について熱く思いを語っています。
 世界初の大使館や大使の歴史、外交官の使命や役割と国際情勢についても本書で始めて明らかにしてくれました。
ぜひ、大使の新しい日本の見方、世界の見方をご愛読ください。
〈 電子版情報 〉
世界が感動する日本の「当たり前」(小学館新書)
Jp-e : 098253210000d0000000
駐日大使の「トップ」が語る新日本論。

 駐日大使154人の代表、駐日外交団長となって7年となる著者は、日本人以上に日本への造詣が深い。母国サンマリノ共和国に伊勢神宮由来の神社が創建されたこと、また、『ニッポンまつり』を毎年開催できることを「光栄なこと」と喜ぶ。20年に一度行われる伊勢神宮式年遷宮の儀にも招待されるなど、外国人でありながら日本の文化や精神性に精通している。駐日外交団長として天皇皇后両陛下へ拝謁する機会も多く、毎年12月の天皇誕生日「茶会の儀」では大使の代表として祝賀スピーチの大役を仰せつかっている。
 著者は、日本人が「当たり前」に思っている事象の中に「日本の真価」を見いだす。そして、世界を魅了し続ける日本の文化、精神性、神道、観光資源を外交官の目で分析し、建設的な意見を提言。そして、2020年4000万人インバウンド時代に向け、日本がもっと自信を持つよう勇気づける。
 世界初の大使館や大使についての歴史、外交官の使命、駐日外交団の役割など、知られざる外交官の仕事についても明らかにする。
 本書は 「日本の『当たり前』は世界では素晴らしいこと」と語る親日外交官による新日本論である。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

タイトルに惹かれました。サンマリノ共和国についても知りたかったし、著者にも興味があったので購入しました。日本人が気づかないこと、当然のこととして恩恵を感じるのを忘れている事柄について、つまびらかに知らされました。視点の鋭さ、広さに感動しました。長崎市立図書館には置いていないようなので、多くの人にこの本を読んでもらい、マンリオ・カデロ大使やサンマリノ共和国のことを知ってほしいので、寄贈します。(60代 男性) 2018.7.8

興味ある内容で読めた。とても、日本に自信が持てた(30代 男性) 2018.6.13

あなたにオススメ!

  • だから日本は世界から尊敬され…
  • 女神の聖地 伊勢神宮
  • 世界遺産ビジネス
  • 日本史真髄
  • 伊勢神宮の智恵
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ