小学館新書

やってはいけない老後対策

やってはいけない老後対策
ためし読み
定価
本体800円+税
発売日
判型/頁
新書判/224
ISBN
9784098253197

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2018/04/06
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
老後破綻しないための裏技を大公開
 老後破綻という言葉を聞いて久しい。現在、生活保護受給者の半数以上が65歳以上の高齢者で、しかも年々増え続けているのが現実だ。元々、平均的なサラリーマンが一人でもらえる厚生年金は、税金や社会保険料を差し引かれると生活保護レベルと変わらないほど安い。
 税金や医療費が無料になる生活保護の方がいいかもしれないくらいなのだ。そして夫婦二人世帯でなんとかギリギリやっていけるのだが、離別や死別で一人になった途端、たちまち困窮してしまう。事実、高齢者の生活保護受給世帯の9割が単身者なのだ。
 さらに公的年金だけでは生活はギリギリにもかかわらず、今後は減らされる一方になることがすでに決まっている。「定年時に3000万円の貯蓄が必要」などともいわれるが、用意できる人などごく一部だけだ。定年時に住宅ローンが残っていたり、子どもの教育費がかかるような人は老後のための貯蓄などできるわけもない。それでは、いったいどうすればいいのか。生活をダウンサイジングさせておくことに加えて、ありとあらゆる手段を使って、節税した上で「自分年金」を増やしていくしかない。元国税調査官が、法律スレスレのテクニックを伝授する。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
著者の大村さんは元国税調査官という経歴を持つ税金のプロフェッショナルです。節税はもちろん、いかにすれば将来年金をたくさんもらえるかをやさしく解説してくれます。老後対策は早く始めて損はありません。定年が見えてきた人はもちろん、30代、40代の若い層も必読です。
〈 目次をみる 〉
第1章 公的年金だけでは、まともな老後は送れない
第2章 定年退職を迎えたら
第3章 年金不足分は投資よりプチ起業で補おう
第4章 リタイア後の住居で最後が決まる
第5章 賢い年金のもらい方と相続対策
〈 電子版情報 〉
やってはいけない老後対策(小学館新書)
Jp-e : 098253190000d0000000
老後破綻しないための裏技を大公開。

 老後破綻という言葉を聞いて久しい。現在、生活保護受給者の半数以上が65歳以上の高齢者で、しかも年々増え続けているのが現実だ。元々、平均的なサラリーマンが一人でもらえる厚生年金は、税金や社会保険料を差し引かれると生活保護レベルと変わらないほど安い。
 税金や医療費が無料になる生活保護の方がいいかもしれないくらいなのだ。そして夫婦二人世帯でなんとかギリギリやっていけるのだが、離別や死別で一人になった途端、たちまち困窮してしまう。事実、高齢者の生活保護受給世帯の9割が単身者なのだ。
 さらに公的年金だけでは生活はギリギリにもかかわらず、今後は減らされる一方になることがすでに決まっている。「定年時に3000万円の貯蓄が必要」などともいわれるが、用意できる人などごく一部だけだ。定年時に住宅ローンが残っていたり、子どもの教育費がかかるような人は老後のための貯蓄などできるわけもない。それでは、いったいどうすればいいのか。生活をダウンサイジングさせておくことに加えて、ありとあらゆる手段を使って、節税した上で「自分年金」を増やしていくしかない。元国税調査官が、法律スレスレのテクニックを伝授する。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

主人が 55才で早期退職すると言い出して、別のとこで働くとは言ってますがちょっと不安になりましたもので…(50代 女性) 2018.8.22

定年を迎えるにあたり、知りたかったことが沢山ありました。興味深く読ませていただきました。(50代 女性) 2018.7.31

新聞を読んで、老後の参考になると思ったから。(60代 男性) 2018.7.9

自身も定年退職を迎え、今後の生活を考えていますが、参考になります。 もっと早く読んでおけばよかったと思いました。(60代 男性) 2018.6.26

あなたにオススメ!

  • やってはいけない相続対策
  • 知らないと損する給与明細
  • 理不尽な人に克つ方法
  • 視聴率15%を保証します!
  • 低欲望社会
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ