小学館新書

日本史真髄

日本史真髄
ためし読み
定価
本体840円+税
発売日
判型/頁
新書判/288
ISBN
9784098253180
〈 書籍の内容 〉
逆説シリーズ著者が「日本史の極意」を公開
井沢元彦氏のライフワーク『逆説の日本史』は、シリーズ累計510万部を突破する歴史ノンフィクションの金字塔ともいうべきロングセラーです。最新刊『日本史真髄』は、これまで編年体で展開した「逆説」シリーズとはまったく視点を変えて、「ケガレ」「和」「怨霊」「言霊」「朱子学」「天皇」の6つのテーマで日本史全体を捉え直し、日本人の思考や行動を呪縛するものの正体を歴史的事件から読み解いていきます。
例えば、江戸時代の歴史は、朱子学が分かってないと理解できません。織田信長が明智光秀に殺された本能寺の変を目の当たりにした徳川家康は、主君への忠義を絶対とする朱子学を導入し幕府体制を盤石にしました。ところが、その朱子学のために尊皇論が起こり、二百七十年続いた幕府は倒されてしまう。なぜか。徳川家は「覇者」であって天皇家こそ真の「王者」とする朱子学の思想に武士達が目覚めたからです。この朱子学の影響は、士農工商という身分差別や幕末期の日本外交にまで悪影響を与えているのです。
井沢氏が三十年以上かけて体得した「日本史を理解する極意」をすべてさらけ出した「逆説史観」の真髄。この一冊で百冊分の教養が身につく決定版です。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
本企画は、著者の井沢元彦氏が満を持して放つ「日本史の極意」です。『逆説の日本史』『逆説の世界史』シリーズをはじめ、三十年以上におよぶ執筆活動で体得した歴史の見方・考え方の「企業秘密」を初公開!!

新たなシリーズ「コミック版 逆説の日本史」と合わせてお読みください。シリーズ第1弾「戦国三英傑編」は全国書店にて大反響発売中です。電子書籍版ではオールカラーで読むことができます。

「コミック版 逆説の日本史」シリーズ第1弾「戦国三英傑編」と合わせてお読みください。
〈 目次をみる 〉
はじめに──「本当の日本史」を知るための六つのキーワード 3
ここがオカシイ日本史教育/なぜ天皇の代替わりごとに首都を移転したのか



第一章  ケガレ忌避信仰──平清盛「武士」政権の誕生と「部落差別」問題 15
「ケガレ」と「よごれ」は別のもの/清潔なのに何となく感じる「汚さ」/日本神話に見るケガレの根源/『古事記』に記された「禊」という方法/日本で最初に「火葬」にされた持統天皇/大和朝廷による軍備・警察の撤廃と「武士」の誕生/崇徳上皇の祟りが招いた平清盛の武士政権/「恨」の思想が朝鮮民族のエネルギー/いまだに続く「部落差別」問題/弥生人の縄文文化蔑視と天皇家の儀礼の相関

第二章  和の精神──聖徳太子「憲法十七条」と話し合い絶対主義 59
談合文化の源は「憲法十七条」/聖徳太子が「憲法十七条」で最も伝えたかったこと/「憲法十七条」が説く話し合い絶対主義/聖徳太子は仏教ではなく「話し合い教」の信者だった/話し合い絶対主義は日本独自の宗教/「国譲り神話」に見る「和」と「話し合い」のルーツ/明治新政府が「五箇条の誓文」に盛り込んだ思想/東久邇宮内閣「一億総懺悔」と昭和天皇の「戦争責任」追及/八百長会議で「朝倉攻め」を決めた織田信長

第三章  怨霊信仰──崇徳上皇の祟りを恐れた明治天皇の懺悔文 97
なぜ日本人は「和」にこだわるのか/日本一巨大な出雲大社に封じられた最初の怨霊オオクニヌシ/「徳」の字がついた六人の天皇への鎮魂/奈良の大仏建立は怨霊鎮魂が目的だった/なぜ桓武天皇は遷都し新たな仏教を求めたのか/藤原氏の他氏排斥が生んだ怨念の火種/鎮魂のために書かれた文学作品と六歌仙の謎/「学問の神様」菅原道真から始まった御霊信仰/なぜ紫式部はライバルが勝利する『源氏物語』を書けたのか/怨霊界の「スーパースター」崇徳天皇/琵琶法師が弾き語りで広めた鎮魂文学『平家物語』/日本で演劇の発達が著しく遅れた理由/今も続く皇室の白峯宮参拝

第四章  言霊信仰──邪馬台国の女王卑弥呼と「本名のタブー」 153
『万葉集』から読み解く「女性の名前」のタブー/西郷隆盛の本名は「隆永」だった!?/柿本人麻呂が詠んだ「言挙げせぬ国」の「忌み言葉」/中国との「戦争」を満州「事変」と言い換えた昭和初期/起きてほしくないことは契約書に書いてはいけない!?/平安時代の政治はなぜ「無責任」なのか/「言霊バイアス」によって真実が書けない日本の報道/なぜ太平洋戦争を止められなかったのか
第五章  朱子学という「宗教」──徳川家康の統治理念と倒幕運動の皮肉 193
日本人を蝕む「朱子学」という外来宗教/徳川家康に朱子学を導入させた本能寺の変/君主への「忠」より親への「孝」が優先/「孝」が行き過ぎると「公」が育たなくなる/家康が松平姓を「徳川」に変えた理由/なぜ朱子学を導入したのに倒幕運動が起きたのか/幕末の日本外交を遅らせた「貴穀賤金」思想/「通商」ではなく「和親」条約にこだわった幕府/貿易大国へのチャンスを逃した明時代の中国/霞が関に蔓延する「官尊民卑」のルーツ/従軍慰安婦問題も靖国神社問題も解決できない/高校の歴史教科書に見る朱子学的偏見

第六章  天皇と日本人──「アマテラスの末裔」が支配する国のルール 239
天皇家のルーツは「弥生人」なのか/天皇陵に墓誌が存在しない不思議/土地の私有化で天皇の権力を奪った藤原氏/嵯峨天皇vs藤原良房「天皇の血統」を巡る攻防/「荘園」という藤原氏の脱税システムと天皇家の財政破綻/藤原氏に逆襲するために考えられた「院政」/源頼朝が固執した征夷大将軍の特権/なぜ武士は天皇家を滅ぼさなかったのか/織田信長は「天皇を超える神」を目指した/天皇の権威を超越する「話し合い絶対主義」



おわりに──日本史の醍醐味を知る「基本中の基本」 279
<言霊の国>で起こった「座頭市」放送自粛/宗教が分からない史料絶対主義の大御所
〈 電子版情報 〉
日本史真髄(小学館新書)
Jp-e : 098253180000d0000000
逆説シリーズ著者が「日本史の極意」を公開。

井沢元彦氏のライフワーク『逆説の日本史』シリーズは、大ヒットした歴史ノンフィクションの金字塔ともいうべきロングセラーです。最新刊『日本史真髄』は、これまで編年体で展開した「逆説」シリーズとはまったく視点を変えて、「ケガレ」「和」「怨霊」「言霊」「朱子学」「天皇」の6つのテーマで日本史全体を捉え直し、日本人の思考や行動を呪縛するものの正体を歴史的事件から読み解いていきます。
例えば、江戸時代の歴史は、朱子学が分かってないと理解できません。織田信長が明智光秀に殺された本能寺の変を目の当たりにした徳川家康は、主君への忠義を絶対とする朱子学を導入し幕府体制を盤石にしました。ところが、その朱子学のために尊皇論が起こり、二百七十年続いた幕府は倒されてしまう。なぜか。徳川家は「覇者」であって天皇家こそ真の「王者」とする朱子学の思想に武士達が目覚めたからです。この朱子学の影響は、士農工商という身分差別や幕末期の日本外交にまで悪影響を与えているのです。
井沢氏が三十年以上かけて体得した「日本史を理解する極意」をすべてさらけ出した「逆説史観」の真髄。この一冊で百冊分の教養が身につく決定版です。(2018年8月発表作品)

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

"井沢元彦さんの斬新な歴史の見方に、いつも驚きます。""逆説の日本史""など、これからも楽しみにながら読みたいと思います。"(40代 男性) 2018.10.7

著者が井沢元彦さん。 穢れや怨霊、言霊と日本文化に興味あり。(50代 女性) 2018.9.6

歴史が好きです。井澤さんの大ファンで読もうと思って(30代 男性) 2018.8.10

あなたにオススメ!

  • コミック版 逆説の日本史 戦…
  • 逆説の日本史 別巻5 英雄と…
  • 逆説の世界史 1 古代エジプ…
  • 逆説の日本史 18 幕末年代…
  • 六文銭ロック 2
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ