小学館新書

アメリカ大統領を操る黒幕

トランプ失脚の条件

アメリカ大統領を操る黒幕
ためし読み
定価
本体800円+税
発売日
判型/頁
新書判/224
ISBN
9784098252916

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2017/02/15
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
トランプ後の「世界の読み方」がわかる!
2017年1月20日に米国第45代大統領に就任したドナルド・トランプ氏は何から何まで異例づくしだ。
 選挙戦から「メキシコとの国境に壁を作る」「不法移民を追い出す」等、過激な言動が話題を呼んだが、どうやら正式に大統領に就任しても基本理念は変えるつもりはないらしい。サイバー攻撃をしていた国をロシアと断定したものの、報復措置をとるよりも米露の親密な関係作りに腐心していることからも、米露が今後、世界の中心になることは間違いないだろう。
 その一方で、経済問題についていえば、内外の各企業に"脅し"ともとれる発言を連発。多くの企業が拠点を米国内に戻すことを表明した。南シナ海で軍事基地を作るなどやりたい放題の中国を敵視し、緊迫したムードが早くも漂っている。
 トランプ政権で、アメリカ、ロシア、中国はどうなるのか。そして日本はどうなるか――。この1冊で、「トランプ後の世界の読み方」のすべてがわかる。
 
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
 著者の馬渕睦夫氏は元駐ウクライナ大使を務め、外務省退官後は防衛大学校の教授を務めるなど、こちらが想像もしない知見を教えてくれます。何となくヒラリー氏のほうがまだまし、という風潮が蔓延していた選挙戦の最中から「ヒラリーが大統領になったら第三次世界大戦が起きる」と説得力あるエビデンスで看破していました。インテリジェンスの最前線にいた著者の驚くべき分析力には舌を巻くばかりです。
〈 目次をみる 〉
序章 大統領就任演説から読み解く激変の世界
第1章 米国の今後と反トランプが未だ続く理由
第2章 反グローバリズムの勝利
第3章 暗殺された歴代大統領の奇妙な共通項
第4章 接近する米露、孤立する中国
第5章 日本に明るい未来をもたらす
〈 電子版情報 〉
アメリカ大統領を操る黒幕 トランプ失脚の条件(小学館新書)
Jp-e : 098252910000d0000000
トランプ後の「世界の読み方」がわかる!

2017年1月20日に米国第45代大統領に就任したドナルド・トランプ氏は何から何まで異例づくしだ。
 選挙戦から「メキシコとの国境に壁を作る」「不法移民を追い出す」等、過激な言動が話題を呼んだが、どうやら正式に大統領に就任しても基本理念は変えるつもりはないらしい。サイバー攻撃をしていた国をロシアと断定したものの、報復措置をとるよりも米露の親密な関係作りに腐心していることからも、米露が今後、世界の中心になることは間違いないだろう。
 その一方で、経済問題についていえば、内外の各企業に"脅し"ともとれる発言を連発。多くの企業が拠点を米国内に戻すことを表明した。南シナ海で軍事基地を作るなどやりたい放題の中国を敵視し、緊迫したムードが早くも漂っている。
 トランプ政権で、アメリカ、ロシア、中国はどうなるのか。そして日本はどうなるか――。この1冊で、「トランプ後の世界の読み方」のすべてがわかる。

あなたにオススメ!

  • そして、アメリカは消える
  • 中国不要論
  • 国家の「罪と罰」
  • 「中国の正体」を暴く
  • 世界観
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ