小学館新書

幸せな劣等感

アドラー心理学〈実践編〉

幸せな劣等感
ためし読み
定価
本体760円+税
発売日
判型/頁
新書判/224
ISBN
9784098252848

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2017/02/07
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
不完全である勇気
劣等感とは、他の人と比較したときに、自分は劣っていると思い知らされること、と思っている人は多いでしょう。このような思いにさいなまれるのは、本当に嫌なものです。しかしアドラーのいう劣等感とは、自分の理想と現在の自分の状況を比較したときに生じる感覚。他人との比較ではなく、自分自身の問題なので、自分を卑下する必要はありません。劣等感があるからこそ、何かを創造したり、社会に貢献することなどを通じて、成長(これをアドラー心理学では「優越の追求」といいます)することができるのです。
自分の理想と比べて劣っている(不完全な)部分があるとしても、他者との比較や、周囲からの評価によってではなく、自分らしさを追い求めていくと、“本来の自尊心"が高まっていきます。
本書では、こうした「不完全である勇気」をはじめ、「ライフスタイル」「共同体感覚」などアドラーの“哲学"を徹底解説。私たちが幸せに生きていくために、いますぐ実践できる意識改革のヒントを、“アドラー心理学の伝道師"である著者が詳しく紹介していきます。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
「アドラー心理学」の魅力は、これまで私たちが当然だと考えていたことに対して、別の角度から考えることの大切さ、おもしろさを教えてくれることです。シンプルな言葉のなかに込められた深い意図を、存分に味わってください。
〈 電子版情報 〉
幸せな劣等感 ~アドラー心理学〈実践編〉~(小学館新書)
Jp-e : 098252840000d0000000
不完全である勇気。

劣等感とは、他の人と比較したときに、自分は劣っていると思い知らされること、と思っている人は多いでしょう。このような思いにさいなまれるのは、本当に嫌なものです。しかしアドラーのいう劣等感とは、自分の理想と現在の自分の状況を比較したときに生じる感覚。他人との比較ではなく、自分自身の問題なので、自分を卑下する必要はありません。劣等感があるからこそ、何かを創造したり、社会に貢献することなどを通じて、成長(これをアドラー心理学では「優越の追求」といいます)することができるのです。
自分の理想と比べて劣っている(不完全な)部分があるとしても、他者との比較や、周囲からの評価によってではなく、自分らしさを追い求めていくと、“本来の自尊心"が高まっていきます。
本書では、こうした「不完全である勇気」をはじめ、「ライフスタイル」「共同体感覚」などアドラーの“哲学"を徹底解説。私たちが幸せに生きていくために、いますぐ実践できる意識改革のヒントを、“アドラー心理学の伝道師"である著者が詳しく紹介していきます。

あなたにオススメ!

  • 「首尾一貫感覚」で心を強くす…
  • 劣等感という妄想
  • 本物の思考力
  • 専門家はウソをつく
  • 勝ち続ける意志力
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ