小学館新書

世界史としての日本史

世界史としての日本史
ためし読み
定価
本体780円+税
発売日
判型/頁
新書判/256
ISBN
9784098252800

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2016/08/05
形式
ePub
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
これがいまを生き抜くための教養だ!
世界史の圧倒的教養を誇るライフネット生命会長・出口治明氏と、『日本のいちばん長い日』などで知られる日本近現代史の歴史探偵・半藤一利氏が初対談。「日本は特別な国という思い込みを捨てろ」「なぜ戦争の歴史から目を背けるのか」「アメリカを通してしか世界を見ないのは危険だ」など、日本人の歴史観を覆す世界の見方を伝授。「世界のなかの日本」の地位を正確に知ることが、いまの時代を生き抜く最低限の教養なのだ。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
本来、日本史は世界史の一部であるはずなのに、学校では別々の科目として教えられてきました。そのため、私たちはどうしても「日本は特別な国」と思ってしまいがちです。しかしいま、世界における日本の地位や立場を正しく知らなければ、この激動から取り残されてしまうことでしょう。「世界史としての日本史」こそが、現代に必要な教養だとわかる一冊です。
〈 電子版情報 〉
世界史としての日本史(小学館新書)
Jp-e : 098252800000d0000000
これがいまを生き抜くための教養だ!

世界史の圧倒的教養を誇るライフネット生命会長・出口治明氏と、『日本のいちばん長い日』などで知られる日本近現代史の歴史探偵・半藤一利氏が初対談。「日本は特別な国という思い込みを捨てろ」「なぜ戦争の歴史から目を背けるのか」「アメリカを通してしか世界を見ないのは危険だ」など、日本人の歴史観を覆す世界の見方を伝授。「世界のなかの日本」の地位を正確に知ることが、いまの時代を生き抜く最低限の教養なのだ。

あなたにオススメ!

  • 本物の思考力
  • 世にも恐ろしい中国人の戦略思…
  • フリーメイソン 秘密結社の社…
  • 世界観
  • 池上彰の世界の見方
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ