小学館新書

草食系のための対米自立論

草食系のための対米自立論
ためし読み
定価
本体780円+税
発売日
判型/頁
新書判/192
ISBN
9784098252688

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2016/10/06
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
「トランプのアメリカと日本」のヒント満載
大統領選の前に書かれた本ながら、トランプ政権成立後の日米関係がわかると話題の書! 戦後、対米追随を続けてきた政治的「草食系」の日本人。しかし、北朝鮮に対する「テロ支援国家指定」の解除や、福島原発事故の「トモダチ作戦」の裏側での行動は「アメリカは、いざという時、助けてくれるのか」という疑問を生じさせ、日本人の中に"対米自立意識"が育ち始めた。そして、それは2016年のヒット映画『シン・ゴジラ』の隠れたテーマともなっている。また、トランプの出現により日本の右派も左派も揺れているが、普天間基地移設問題は解決の方向へ進み、自立は加速、日米関係が終わりに向かうことを示唆する。そして、北朝鮮や中国には、日本は独力で対峙するしかなくなる――。気鋭の論客が大統領選の前に著した、福島原発、シン・ゴジラ、ドナルド・トランプで読み解く、日米同盟の「終わりのはじまり」。

本書の構成

序章  アメリカへの違和感
第1章 『シン・ゴジラ』と「3.11」
第2章 日本人と政治的発言
第3章 対米自立意識の芽生え
第4章 原発事故と消えたアメリカ
第5章 ドナルド・トランプという衝撃

〈 編集者からのおすすめ情報 〉
著者の古谷氏は、政治やネット右翼などを論じる、いま注目の若手評論家ですが、文学や漫画、映画の知識も豊富です。
本作品でも、映画では『シン・ゴジラ』から、『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』、1915年のアメリカ作品『國民の創生』を紹介。漫画では『沈黙の艦隊』やつげ義春の作品、文学では筒井康隆や村上龍の作品を俎上に載せて、対米意識の変化を論じます。今までなかった、2010年代の「日米関係論」です!
〈 電子版情報 〉
草食系のための対米自立論(小学館新書)
Jp-e : 098252680000d0000000
今、見えてきた日米関係「終わりの始まり」。

戦後、アメリカに追随するばかりだった政治的「草食系」の日本人。しかし、北朝鮮に対する「テロ支援国家指定」解除や福島原発事故の「トモダチ作戦」で暴かれた真実は、「アメリカはいざという時、本当に助けてくれるのか」という疑問を生じさせ、日本人に“対米自立意識"が芽生え始めた。
この意識は大ヒットしている映画『シン・ゴジラ』にも読み取れる。

気鋭の論客が、近年の日米関係を政治や文化の面から検証。
「アメリカは同じ価値観を持つ同盟国」という幻想を一刀両断にする。

あなたにオススメ!

  • 国を愛する心
  • 世界遺産ビジネス
  • アメリカ大統領を操る黒幕
  • 悪の指導者(リーダー)論
  • もうひとつの核なき世界
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ