「時計遺伝子」の力をもっと活かす!

「時計遺伝子」の力をもっと活かす!

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/02/15
形式
XMDF,ePub
〈 電子版情報 〉
「時計遺伝子」の力をもっと活かす! がん、うつ、メタボも防ぐ、体内の「見張り番」(小学館101新書)
Jp-e : 098251550000d0000000
病気を防ぐ「時計遺伝子」の驚くべき働き!

1997年、生物の体内に「時計遺伝子」があることが発見された。私たちの体は、この時計遺伝子の働きで、地球の自転に合わせた約24時間のリズムの体内時計を刻んでいる。朝、昼、夕方になるとお腹がすき、夜になると眠くなるのは、この体内時計の働きなのである。時計遺伝子に異常をきたして体内リズムが乱れると、がん、メタボリック症候群、早老、アルツハイマー型認知症、高血圧、糖尿病、うつ病、骨粗鬆症など、さまざまな病気を引き起こすことがわかってきた。時計遺伝子は、体を病気から守るための「見張り番」として重要な役割を担っているのである。そして、その機能を利用した時間医学は、いま大きな注目を浴びている。
本書では、時計遺伝子研究の第一人者である著者が体内時計の謎に迫り、最新の時間医学の成果を明らかにする。そして、どうすれば時計遺伝子を正しく働かせ、健康な生活を送ることができるのかを詳しく紹介する。

あなたにオススメ!

  • 噛み合わせが人生を変える
  • 口の中をみれば寿命がわかる
  • 女性の<からだと心>安心医学…
  • コンビニで買える「やせるサプ…
  • 新版 家庭医学大事典

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31