東大秋入学の落とし穴

東大秋入学の落とし穴

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2012/08/17
形式
XMDF,ePub
〈 電子版情報 〉
東大秋入学の落とし穴(小学館101新書)
Jp-e : 098251400000d0000000
東大秋入学移行で、受験、就職が激変する!

東京大学が2017年を目途に、学生の秋入学への移行を表明した。世界の大学の主流である秋入学に揃えることで、学生・教員の国際化を推進するのが最大の目的としている。京大など旧帝大、一橋、東工大、私立では早稲田、慶應にも呼びかけ、有力12大学で検討を進める。これは受験生やその家族のみならず、就職先の企業・官庁など社会的にも大きな影響を及ぼすと著者は危惧する。まず、大学入試の時期がばらばらになり、長期化して受験生を混乱させる。秋入学、春入学の学生が混在し、その結果、企業の新卒採用も従来の春一括採用は崩れ、秋・春2回か通年採用になっていく。そしてキャリア組の採用は東大生が卒業する秋に集中する。春採用者はノンキャリア扱いとなり、さらに非正規雇用化や低年俸制社員が増えるという過酷な状況も想定される。また、合格してから就職するまで半年~1年は期間が延びるため、低所得者層への経済的負担が増大する。さらに著者は、東大案は国際化といっても、すでに秋入学である中国の留学生や外国人教員を増やして東大の国際ランキングを上げるのが目的だと喝破し、その前に大学そのものの質を向上させるべきだと強調する。

あなたにオススメ!

  • 学歴フィルター
  • 岩波メソッド 東大理3への道
  • 二月の勝者 ー絶対合格の教室…
  • 早稲田と慶應の研究
  • 教員採用試験完全突破ガイド …
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ