小学館101ビジュアル新書

ゴッホが挑んだ「魂の描き方」

レンブラントを超えて

ゴッホが挑んだ「魂の描き方」
ためし読み
定価
本体1100円+税
発売日
判型/頁
新書判/192
ISBN
9784098230259
〈 書籍の内容 〉
知られざるゴッホの真相に迫る
日本で常に高い人気を誇るポスト印象派の画家フィンセント・ファン・ゴッホ(1853~90)。彼については、激情にあふれた画家というイメージが、一般に広まっています。しかし実際には、非常に勉強熱心で、自己の芸術に対して真摯な考察をめぐらせる、沈思熟考型の思索者としての一面が彼にはありました。
そんなゴッホが自らの芸術を生み出す上で、最も手本とし私淑したのが、母国オランダの画家レンブラント(1606~69)でした。ゴッホは書簡の中で度々、自己の芸術の目標としてレンブラントに言及し、また、パリに出てからもルーヴル美術館で、熱心にレンブラント作品の研究にあたりました。一見、共通点など何もないような、闇の表現を特徴とする17世紀バロック絵画の巨匠の作品に、ゴッホは何を見出したのでしょうか?
「炎の画家」ゴッホが手本とし、乗り越えようとした「闇の画家」レンブラントの作品をたどりながら、ゴッホがそこから何を学び、いかにして「魂の画家」となりえたのか、知られざるゴッホの真相に迫ります。

あなたにオススメ!

  • 笑うフェルメールと微笑むモナ…
  • フェルメールの光とラ・トゥー…
  • 名画に隠された「二重の謎」
  • 「ゴッホの夢」美術館
  • オルセー美術館の名画101選
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ