たいよう

1,000おくに ひとつの たいせつな ほし

たいよう
ためし読み
定価
1540円(税込)
発売日
判型/頁
B12取変型/36
ISBN
9784097268246
〈 書籍の内容 〉
<たいよう>本人が語る宇宙科学絵本
銀河系1000億個の星の中で、地球にとっていちばん大切な星といえば、そう、太陽。ちょうどよい距離から、地球に光とあたたかさを届けてくれています。
そんな太陽のヒミツや、地球との関係、太陽系の仲間達のことなど、太陽本人がやさしく語る、宇宙科学の入門絵本です。

「とてもまぶしく輝いて、あたたかな光を届けてくれる、たいよう。
まいにち見ているから、なんだかあたりまえになっているけど、
ほんとうはとっても面白いんだ。
そんなたいようのひみつを、この本で学んでみよう!」
監修/国立天文台 渡部潤一教授
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
私たちは、太陽が昇ったり沈んだりするのに合わせて毎日暮らしています。
野菜などの食べ物も太陽が育んでくれるし、日本の四季の楽しみも、太陽あってのこと。
なんだか当たり前に思っている太陽の存在を、改めてゆっくり考え、楽しく思いめぐらすことのできる、STEM教育にもぴったりの宇宙科学絵本です。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

絵が可愛く、とても詳しい内容で大満足です。宇宙に興味を持ち始めた子供に最適だと思いました。(お子さま 5歳 男の子) 2021.7.18

絵が可愛く、子供でもわかりやすく宇宙のことがわかる非常に良い本だと思った。内容が詳しいのが良い。木星や火星など他の星のシリーズも欲しい。(お子さま 3歳 男の子) 2021.7.3

3歳の息子が宇宙が好きで、関連の本がないか探していたときに見つけました。小さい子供でも分かりやすく、大人も勉強になる本でした。これからもたくさん本を読ませてあげたいです。ご縁がありますように。(お子さま 3歳 男の子) 2021.2.13

3歳の息子が惑星が大好きで、宇宙関連の絵本をInstagramで探していたところ発見し購入しました。 太陽の顔が可愛く、宇宙図鑑よりも親しみやすいようで何度も繰り返し読んでいます。 シリーズ全て購入したので、他の太陽系の惑星も是非だしてほしいです。(お子さま 3歳 男の子) 2020.10.13

絵画教室で宇宙のテーマがあり、図鑑だけでなく絵本を探していたところ、見つけました。(お子さま 9歳 男の子) 2020.10.3

6歳の息子が宇宙や惑星や星に興味を持ったので購入しました。(お子さま 6歳 男の子) 2020.6.1

絵本でいろいろな知識がつくので魅力的です。孫から、年寄りまで楽しめる本に出会えました。(お子さま 6歳 女の子) 2020.3.20

宇宙ってすごいな。太陽が溶けないのすごいな。太陽とわたしがお友だちなんて嬉しいな。と子どもの感想です。(お子さま 8歳 女の子) 2020.1.11

小学校低学年にもわかりやすいから、宇宙に興味を持つきっかけになればと思って購入した。 2019.12.29

かわいくて子供も興味を持ちそうだと思い「つき」と「たいよう」を購入。 案の定夢中で読んでました。 (お子さま 10歳 女の子) 2019.10.17

あなたにオススメ!

  • つき
  • ちきゅう
  • 面白いほど宇宙がわかる15の…
  • The Real Mars …
  • 地球について知っておくべき1…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ