ピングー絵本 迷子のピンガ

ピングー絵本 迷子のピンガ
ためし読み
定価
本体720円+税
発売日
判型/頁
A20取り版/40
ISBN
9784097267737
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
妹を迷子にさせてしまったピングーは・・・
 シリーズ6巻目となる今作は、心をギュッとつかまれるお話。妹のピンガとふたりで遊びに出かけたピングーですが、途中、友だちと出会い・・・気がついたら妹がいない!? 必死で探しますが、見つからず・・・。いつもはいたずらっこのピングーが、それはもう心配して、最悪のことまで考えている様子が、クレイアニメならではの表情から伝わってきます。そして結末は・・・??
 当時の設定は「5歳ぐらいの男児」だったピングー。まさに、男児のウッカリしたところ、兄として責任を感じるところ、本当に心優しいところがギュッとつまっています。
 親子で読めば、子どもはドキドキはらはら、親は涙しつつ?!、「こんなときはどうする?」と、しつけにもなるお話です。
 新作映像が2017年10月からEテレにて放送されている「ピングー」ですが、もとはスイスで誕生した味わい深いクレイアニメ。その風合いをそのまま活かした、94,95年に小学館から全6巻発行したミニサイズ絵本シリーズの復刊版です。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

ピングーを絵本でも好きになって欲しくて(20代 女性) 2018.9.7

あなたにオススメ!

  • リルリルフェアリル
  • はなかっぱ
  • とっとこハム太郎でちゅ おけ…
  • ポケットモンスター サン&ム…
  • 知育ちがいさがし100 妖怪…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ