ずけいからけいさんまで さんすうがいっぱい!

ずけいからけいさんまで さんすうがいっぱい!
定価
本体1700円+税
発売日
判型/頁
A4判/14
ISBN
9784097266099
〈 書籍の内容 〉
算数を体験できるしかけ絵本
『うんちはどこへいくの?』『かんかくってなあに?』に続く、「めくってものしり絵本」シリーズの第4弾です。
人間の生活のまわりには、算数があふれています。身の回りにある図形、お買い物、時間・・・・・・。生活のあらゆる所に算数があります。本書は、その概念を多角的にとらえることができるしかけ絵本です。
男の子は、家族で車でキャンプに出かけます。さあ、靴下を何足入れたら良いのかな? 5泊するなら、帰るのは何日? テントは、どんな形でできている? ページをめくるごとに、場面が変わり、いろいろなシーンで算数を考えます。
50あまりのしかけをめくりながら、小さな子どもが、楽しみながら理解できるように構成されています。
「世界は数学でできている」と提唱している桜井進さんが監修。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
身近にあふれる算数を体感して、算数好きを育てる絵本です。
この絵本を通して、生活のまわりにさんすうがあふれていることが実感できます。小さいときに算数に出会うことが、算数への興味を大きく広げてくれます。

あなたにオススメ!

  • からだのふしぎ かんかくって…
  • はじめての たのしい かけざ…
  • もっとたのしい ハロウィンが…
  • のりもの
  • かな?かな?えほん よ~く、…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ