おならをならしたい

おならをならしたい
ためし読み
定価
本体1,300円+税
発売日
判型/頁
B5判/32
ISBN
9784097265733
〈 書籍の内容 〉
おならの音の正体をさぐる
『ぼくのトイレ』(PHP研究所)で第17回日本絵本賞読者賞、『しごとば 東京スカイツリー』(ブロンズ新社)で第62回小学館児童出版文化賞を受賞し、大活躍中の鈴木のりたけ氏。2012年発売の『おしりをしりたい』(小学館)に続く、「おもしろくてためになる」最新作の登場です。
『おしりをしりたい』にも登場の仲良し三人組。今回はどうやら、「おなら」に興味津々のようです。おならの音を出すのって、意外とむずかしい。なぜ音が出るのか?なぜ「おなら」というのか?等々、子どもたちにとって、たまらなく興味深い話が展開していきます。
しかも、ただおもしろいだけでは終わらないのがこの絵本。読み進めていけば、おならの出る仕組み、音の正体など、いつの間にかいろいろなことがわかってしまいます。これぞまさに、おもしろくてためになる、おならの絵本の決定版!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
新たな「のりたけワールド」を確立した作品『おしりをしりたい』に続き、またまたくさい、いやいやすごい絵本が登場してしまいました。
おならの絵本は数あれど、ここまで「音を出す」ことに真摯に向き合った作品はないでしょう!考えてみると、意外と深いんです、音を出すのって。え、それがどうした?それは、読んでみればわかります。

あなたにオススメ!

  • おしりをしりたい
  • ソラカラちゃん
  • こども大百科 大図解クイズブ…
  • フィールド・ガイドシリーズ2…
  • 乗りものクイズブック
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ