いつか帰りたい ぼくのふるさと

福島第一原発20キロ圏内からきたねこ

いつか帰りたい ぼくのふるさと
ためし読み
定価
本体1500円+税
発売日
判型/頁
菊12取り/36
ISBN
9784097264903
〈 書籍の内容 〉
原発事故からの別れと再会の感動物語
2011年3月11日東日本大震災の日、すべてが大きく変わってしまいました。福島第一原発の事故により、住民が避難した後、周辺地域には、多くの犬、猫、牛、馬などの動物たちが、取り残されました。
写真家の大塚敦子さんは、震災後、20キロ圏内に残された一匹のねこを引き取りました。本書は、福島からやってきた被災ねこ、キティが語る物語です。
保護されたときは、やせて眼ばかり鋭かったキティは、東京に引き取られ、穏やかに暮らしていました。その後インターネットを介して、キティの家族が見つかり、再会を果たします。しかし、キティの元の家族は、仙台で避難生活をしていて、引き取ることができません。
一時帰宅で、家族が自宅に戻ってみると、あの日の地震でめちゃくちゃになったまま。雑草ものび、荒れ始めていました。自然豊かな福島の土地は、いまも変わらず美しいのに、放射能という目に見えないもののために、いつ戻れるのかもわかりません。
そこには、生と死がそのままの形で残されていました。
キティの目を通して、福島の原発事故で何が起こったのかを子どもたちに伝えたいと思います。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
厳しい現実ではありますが、福島の人たちと日本人みんなが共通に抱える問題を、猫の目を通して語られます。どうして原発が必要なのか。社会はどのように変わったのか。原発なしで生きていくためには、どうしたらよいのか。これらの大きなテーマについて、改めて考えるきっかけになる本です。

あなたにオススメ!

  • 原発はなぜ日本にふさわしくな…
  • 天皇皇后両陛下 被災地の人々…
  • もうひとつの核なき世界
  • 復興の書店
  • 日本の未来について話そう
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728