ひめねずみとガラスのストーブ

ひめねずみとガラスのストーブ
ためし読み
定価
1650円(税込)
発売日
判型/頁
四六倍判/48
ISBN
9784097264514
〈 書籍の内容 〉
不思議なやさしさのあるファンタジー絵本
没後12年たった今でも、安房直子さんの不思議な魅力は衰えることなく、その世界は、読む人の心を引きつけ、解放してくれる魔法の空間です。子どもから大人まで、幅広いファンに支えられ、今なお、多くの作品が、読まれています。
 安房直子の絵本としてこれまで、『山のタンタラばあさん』、『くまの楽器店』を出版しており、好評いただいています。3作品目として、『ひめねずみとガラスのストーブ』をラインナップいたします。
 この作品は、1969年『目白児童文学』に発表され、その後は、どこにも掲載されずに埋もれていた作品です。今回、スロヴァキア在住の降矢ななさんのすばらしい絵でよみがえりました。
 風の子のくせに寒がりのフーは、くまのストーブ店でガラスのストーブを手にいれます。美しいストーブに火をつけて暖まっていますと、ひめねずみがやってきました。「お日さまがおっこちてきたのかと思った」ガラスのストーブは、心まで温かくなるようでした。時間と空間をこえて旅をするうちに、フーは大人へと成長していきます。
 心いやされるお話しの世界は、こどもから大人まで堪能できるでしょう。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
ふんわり浮遊感のある独特な安房直子さんのファンタジーの世界を、降矢ななさんが、奥行きのあるすばらしい絵で表現してくださいました。とにかく読み応えのある心に残る絵本です。

あなたにオススメ!

  • 月まつりのおくりもの
  • 山のタンタラばあさん
  • こぶとりじいさん
  • ダレン・シャン 2〔小学館フ…
  • ダレン・シャン 1〔小学館フ…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ