サーカスのしろいうま

サーカスのしろいうま
ためし読み
定価
本体1300円+税
発売日
判型/頁
AB判/32
ISBN
9784097264293
〈 書籍の内容 〉
サーカスの少年と白馬の、心に染み入る物語
バイオリンを弾くのが大好きなニーナの住む町に、サーカスがやってきました。そのサーカスにはさびしそうな目をした男の子、ミハエルがいました。家族のいなくなってしまったミハエルはサーカスに引き取られますが、残念なことになにも得意なことがありませんでした。サーカスにいる美しい白い馬のニジンスキーに芸を仕込めばサーカスに出してあげると言われたミハエルは、ニジンスキーに厳しく芸を仕込みます。そんなある日ニジンスキーはサーカスからいなくなってしまったのです。ミハエルがニジンスキーを見つけたのは、ニーナの家でした。ニーナの家から流れてくるバイオリンの音色に、ニジンスキーはじっと耳を傾けていたのです。そのバイオリンの音楽を聴いたとたん、ミハエルはとても懐かしい気持ちになるのでした。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
きっかけは一枚の絵でした。ささめやゆき氏の個展に出品された「サーカスの馬」という絵を見た石津ちひろ氏が、このお話を書きあげてくださいました。ささめやワールドともいうべき、北方ヨーロッパを思わせる絵は、サーカスという題材にぴったりで、格調高い一冊となりました。音楽、芸術のすばらしさ、そして愛を教えてくれる絵本です。絵本日本賞受賞のコンビによる最新刊です。

あなたにオススメ!

  • ずーっと いっしょ
  • エアコイ
  • ぼくたちのうた
  • タコのたこきちくん
  • マッチうりの しょうじょ
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ