ヒミツのかいだん

ヒミツのかいだん
定価
本体1300円+税
発売日
判型/頁
AB5判/32
ISBN
9784097253044

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2019/08/16
形式
ePub
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
時を超えた廃校ノスタルジー
2015年からスタートした『小学一年生』発の絵本企画ぴっかぴか絵本シリーズ32作目。
田島先生は、「ちからたろう」、「とべバッタ」などの作品で知られる絵本界の大御所的存在。他社からの複数依頼が重なる中、企画意図に共感いただき、1年の打ち合わせ、制作期間をかけ実現した企画です。
本作品は、国際的な芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」において2009年に“空間絵本"として再生された新潟県十日町の鉢集落の廃校(現「絵本と木の実の美術館」)が舞台になっています。実在した生徒がモデルになっています。子ども達の思い出を食べるおばけ、トペラトトと彼らの物語です。世界を侵蝕するグローバリズムに対し、地域に根付く絶えなることのない活き活きとした魅力が表現されています。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
日本を代表する絵本作家と称される田島先生の絵画表現は、力強い生命の輝きに満ちています! 本物のアートに触れ、頭だけでなく心で作品のパワーを体験してほしいと思います。
〈 電子版情報 〉
ヒミツのかいだん~ぴっかぴかえほん~
Jp-e : 097253040000d0000000
【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

時を超えた廃校ノスタルジー。

2015年からスタートした『小学一年生』発の絵本企画ぴっかぴか絵本シリーズ32作目。
田島先生は、「ちからたろう」、「とべバッタ」などの作品で知られる絵本界の大御所的存在。他社からの複数依頼が重なる中、企画意図に共感いただき、1年の打ち合わせ、制作期間をかけ実現した企画です。
本作品は、国際的な芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」において2009年に“空間絵本"として再生された新潟県十日町の鉢集落の廃校(現「絵本と木の実の美術館」)が舞台になっています。実在した生徒がモデルになっています。子ども達の思い出を食べるおばけ、トペラトトと彼らの物語です。世界を侵蝕するグローバリズムに対し、地域に根付く絶えなることのない活き活きとした魅力が表現されています。

※この作品はカラー版です。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

元々十日町にある絵本と木の実の美術館が好きで家族でよく行きます。子供たちはそこにいるトペラトトが大好きなのでトペラトトがでてくる新刊✨ということで迷わず購入を決めました。(40代 女性)(お子さま 7歳 女の子) 2019.8.31

図書館でこの本に出会いました。  怖いお話かなと思いましたが、とっても優しいオバケの心温まるお話でした。  読み聞かせように図書館で借りましたが、息子も気に入り、借りるだけでは物足りなく、Amazonで購入させてもらいました。  そして、息子の今年の夏休み、読書感想文の本として選ばせてもらいました。  (30代 女性)(お子さま 6歳 男の子) 2019.8.26

あなたにオススメ!

  • Cheburashka -T…
  • まめしば
  • きょうりゅう
  • Cheburashka -F…
  • stella notes
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ