インフォグラフィックスで学ぶ楽しいサイエンス

世界を変えた 知っておくべき100人の発見

世界を変えた 知っておくべき100人の発見
ためし読み
定価
本体1500円+税
発売日
判型/頁
B5判変型/128
ISBN
9784097250777
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
人類を進化させた素晴らしき科学者の力!
シリーズ累計発行7万部を超える『インフォグラフィックスで学ぶサイエンス』の最新刊。

このシリーズでは、科学的な基礎知識やトリビア的情報をジャンル別に紹介してきましたが、本書は少し視点を変え、事象だけでなく発見した人物にも焦点を当てた構成になっています。

世界中には、医学、化学、機械工学など、科学分野に携わる人々がたくさんおり、更に歴史をさかのぼれば、その人数は膨大になります。
それら科学者たちのたゆまぬ努力と研究のおかげで、我々は安全かつ便利な生活を送ることができています。

数ある研究成果の中から、世界を一変させた歴史的な発見を厳選。偉大な功績として紹介し、それを成した100人の科学者について、イラストを用いて詳細に解説しました。

アインシュタイン、ニュートン、パスツール、コッホなど有名な科学者とともに日本人科学者も取り上げられています。

太陽の黒点を観測した日本人女性、小山ひさ子氏。
青色発光ダイオードの大量生産を可能にした中村修二氏などです。

これら科学者たちの発見が、いかに素晴らしいかを知ることができ、知的好奇心が満たされる一冊です。









〈 編集者からのおすすめ情報 〉
本書は、イギリスで出版された本の翻訳です。

原書の前書きに「驚くような発見をする科学者はほんのひとにぎりしかいない。名声を得た科学者は多くいるけれど、女性であったり、西欧以外の出身者ということで、見過ごされている人がいる」と書いてあります。

偉大なる科学者は、国や性別にかかわらず尊敬されるべきであり、その業績を正しく知らしめるべきだと訴え、そのコンセプトで編集したと説明してあります。
その文章の通り、本書では、女性の科学者、アジア、中東、北欧などの出身者が多く紹介されています。
恥ずかしながら、同じアジア圏でありながら、初めて知る科学者の名前もありました。
本書によって、科学的知識の扉がひとつ開かれたような気がします。

学校の授業で学んだ科学者の名前もありますが、「科学の世界に没入し、研究が全てだった」という姿勢でもない人々も選ばれています。

日課として太陽の黒点観察を続けてきた小山ひさ子氏。
採掘した化石を売ることで生計を立てていたメアリー・アニング氏などです。

始まりは生活のためであったり、アマチュア天文学者としての活動だったりしますが(のちに小山氏は国立科学博物館に勤務しますが、そもそもは趣味としての天体観測です)、正しい手法で研究を続けていれば、いつかは大発見に繋がるものだということを本書は示唆しているように思います。

現状、大発見などは、科学の専門機関にはいらなければできないことかもしれません。
ですが、科学の偉大さを知り、子どものころから何らかの発見を目指すことは尊いことであり、決して人生の無駄にはなりません。

本書の前書きには次のような言葉もあります。

「はるか遠い銀河をじっと見上げる物理学の教授だって、葉っぱの上をはうイモムシをながめる子どもだって、みんな科学者だ」

科学的な疑問と視点を持った段階で、もはや科学者なんだ。
この本に出てくる人たちのようになれると希望を持って、学んで欲しい。

本書がいちばん伝えたいのは、そのことだと思います。

ぜひ、子どもたちに読んで欲しい一冊です。




あなたにオススメ!

  • ハッブル宇宙望遠鏡 25年の…
  • 水の惑星~生命誕生のひみつ~
  • The Real Mars …
  • 2恐竜の絶滅~気候変化のなぞ…
  • 世界で一番売れている薬
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31