プラスチックのうみ

プラスチックのうみ
ためし読み
定価
本体1500円+税
発売日
判型/頁
B12取/36
ISBN
9784097250579

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/06/05
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
プラスチックごみの海洋汚染を考える絵本
 いろいろな形の製品を安く作ることができて便利なプラスチックは、1950年代ごろから、わたしたちの生活の中に急速に普及してきました。しかし、このプラスチック、微生物に分解されて自然に還るものではなく、半永久的に存在するので、ごみになったときに大きな問題を生んでいます。
 世界中で毎年800万トンものプラスチックがごみとして海に流れ込み、海にすむ生き物たちを傷つけたり、命をうばったりしています。そしてこのままだと、2050年には、海に漂うプラスチックごみの重さは、海にすむ魚の重さよりも重くなると言われています。
 
 この絵本では、人間が出したプラスチックごみが、どのように海を汚し、海に暮らす生き物に影響を及ぼしているのか、そしてきれいな海を取り戻すにはどうしたらいいのかを、美しいイラストと分かりやすい言葉で伝えます。
 さらに巻末では、様々な角度から、プラスチック海洋汚染について解説し、今すぐわたしたちができることを、一緒に考えていきます。 

〈 編集者からのおすすめ情報 〉
青い海に、色とりどりの・・・・・・プラスチックごみ! 一見美しい表紙絵、そのギャップが生むメッセージにドキッとします。
アメリカで刊行された絵本ですが、巻末は、日本の実情も盛り込んだ解説になっています。
小学生の男の子が翻訳した、海の環境問題を考える絵本です。
〈 電子版情報 〉
プラスチックのうみ
Jp-e : 097250570000d0000000
【ご注意】※作品はレイアウトの関係で、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。タブレット端末、PCで閲覧することを推奨します。

プラスチックごみの海洋汚染を考える絵本。

 いろいろな形の製品を安く作ることができて便利なプラスチックは、1950年代ごろから、わたしたちの生活の中に急速に普及してきました。しかし、このプラスチック、微生物に分解されて自然に還るものではなく、半永久的に存在するので、ごみになったときに大きな問題を生んでいます。
 世界中で毎年800万トンものプラスチックがごみとして海に流れ込み、海にすむ生き物たちを傷つけたり、命をうばったりしています。そしてこのままだと、2050年には、海に漂うプラスチックごみの重さは、海にすむ魚の重さよりも重くなると言われています。
 
 この絵本では、人間が出したプラスチックごみが、どのように海を汚し、海に暮らす生き物に影響を及ぼしているのか、そしてきれいな海を取り戻すにはどうしたらいいのかを、美しいイラストと分かりやすい言葉で伝えます。
 さらに巻末では、様々な角度から、プラスチック海洋汚染について解説し、今すぐわたしたちができることを、一緒に考えていきます。

※この作品はカラーが含まれます。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

SDGsのシールが目に止まりました。会社でSDGsに取り組んでおり、子供達にも少しずつ教えていきたいとおもい購入しました。 ひとりひとりの意識が変わらなければいけない問題だとあらためて感じました。(40代 男性)(お子さま 5歳 女の子) 2020.12.15

ぼくは小学2年生です。この本を読んで海が汚れている原因は人間だと知りました。ぼくはゴミを絶対にポイ捨てとかしないけど、海をもっときれいにする為に、ゴミは他に使えないか工夫したり、今自分ができる方法で魚を救いたいと思いました。(その他 男性)(お子さま 7歳) 2020.12.8

環境について学ぶことが出来る素晴らしい本でした。大人が読んでも知らなかったことがたくさんありとても勉強になりました。この本を読んでプラスチックゴミの扱い方や意識が変わります。(20代 女性) 2020.12.2

マイクロプラスチックの問題に関心があり、本書を読みました。小さな子にも理解しやすい文と絵で巻末の豆知識も短いながらも読みごたえがありました。(30代 女性)(お子さま 4歳) 2020.11.25

娘、四年生の学年が、うみがめの研究をしていて、その時、読み聞かせで 読まれて、学校にはなく、また、どこの書店にもなく、ネット購入しました。 まだ、新刊なので、販売がされていないかとも思いましたが、5年生の子供が翻訳しているのと、環境問題についても、小学生でも、わかりやすいと思い、学校に寄付しようと、購入しました。 書店に販売したら、あと一冊は自宅用に購入したいと思います。(10代 女性)(お子さま 10歳 女の子) 2020.11.25

朝日新聞の広告で見かけて、現在勤務している中学校の、図書館司書さんにお願いして、入れてもらいました。入ったと同時に一番に私の机上に『素敵な本をご紹介下さりありがとうございました』とメモ書きして置いて下さいました。環境問題について、非常に子ども達に伝えやすい一冊だと思います。とてもキレイな海の絵なのに、どれだけ私達人間が海を汚しているか、子ども達と一緒に考えるきっかけを作ってくれる本です。海が大好きな私にとって、ゴミのない海を目指すにはどうしたらいいか、改めて考えるきっかけになりました。(40代 女性) 2020.11.21

中高生のSDGsの調べ物用に。絵本としても美しく、巻末の解説もわかりやすかった。(40代 女性)(お子さま その他 女の子) 2020.11.19

環境問題について探していて目にとまり、購入しました。海洋プラスチックがどういう流れで海を汚すのか、人間が壊しているのか。こどもだけじゃなく、大人にも刺さる本だと思います。(30代 女性)(お子さま 7歳 女の子) 2020.11.5

子供が手に取って読んでいたため(20代 女性) 2020.11.3

胸が痛みました。 私は英会話教室の講師です。 教室の子どもたちに読み聞かせをしました。みんなじっと見つめて、自分に置き換えていました。(40代 女性) 2020.9.28

あなたにオススメ!

  • 海のクライシス~地球環境~
  • 自然写真の平成30年とフォト…
  • 鉄は魔法つかい
  • 森のクライシス
  • 地球について知っておくべき1…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31