光琳、富士を描く!

幻の名作『富士三壺図屏風』のすべて

光琳、富士を描く!
ためし読み
定価
2420円(税込)
発売日
判型/頁
B5判/112
ISBN
9784096823576
〈 書籍の内容 〉
尾形光琳、新発見作品の謎を解き明かす!
 2020年秋、それまで一部の研究者の間でしかその存在を知られていなかった尾形光琳の幻の名作が、日本で初公開された。そこに描かれていたのは、堂々たる富士山! 日本美術史上でも極めて人気の高い絵師=光琳が、日本の象徴=富士を描いていたなんて!
 はたしてこれは本当に尾形光琳の真筆なのか? 今、なぜこんな大作が世に出てきたのか? そもそも尾形光琳はなぜ、ここまで大きな富士山の絵を描いたのか? 
 さまざまな話題や議論を巻き起こした『富士三壺図屏風』を、江戸絵画研究の第一人者で、日本美術史研究の権威、小林忠氏がさまざまな琳派作品との比較、新たな文献を用いての検証のもと、見事な論理展開で真贋鑑定。
 さらに、尾形光琳が、富士を主題にした大作を制作するにいたる、その背景と、尾形光琳の中に秘められていた思想性にまで、大胆に切り込む!
 次々に謎を解き明かしていくスリリングな論証の連続! そして最終的に到達する驚くべき結論!
 日本美術史を塗り替えかねない“世紀の新発見"と、そこにまつわる謎解きを、最新の撮影技術で独占撮影した、美しい図版をふんだんに掲載した紙面とともにお届けいたします!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
1,2020年に日本で初公開された、尾形光琳の新発見作品『富士三壺図屏風』を、日本の美術書籍で初めて掲載しました。
2,紙面を構成する作品画像は、最新の撮影技術で高解像撮影したものです。原寸掲載など大胆な紙面デザインで、尾形光琳の超絶な筆さばき、その息づかいまでもが、手に取るようにわかります。
3,新発見作品『富士三壺図屏風』の右隻と左隻を、それぞれ贅沢な両観音ページで掲載しています。琳派の新名作となる本作品の全容をご堪能ください。
4,次々に解き明かされていく真贋鑑定、尾形光琳の制作意図・・・まるで、日本美術のミステリー書でもあるかのような、謎解き構成をお楽しみください。
〈 目次をみる 〉
はじめに 光琳が描いた「富士」との衝撃的出会い

序章 俵屋宗達から尾形光琳へ『富士三壺図屏風』を生み出した琳派の系譜  

一章 『富士三壺図屏風』の魅力を読み解く! 

column そもそも、日本美術は「富士」をどう描いてきたのか

二章 『富士三壺図屏風』の真贋を徹底検証する 
          
三章 光琳はなぜ、富士を描いたのか  

あとがき 新たな作品との出会い “蛮勇"と「読画」

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

展覧会を観覧後、その感動を忘れない為に購入しました(特に琳派に興味を抱いたため)。作品をクローズアップして詳細まで肉眼で確認できる本はなかなかなく、また色彩も非常に美しく満足です。項目毎に興味をひくタイトルと、分かり易い文章が日本芸術に明るくない読者にも寄り添ってくれる内容でした。字の大きさも小さすぎず良いです(29歳ですが)。ぜひシリーズ化してほしいです。ただ、尾形光琳への知識が多少はあるか日本美術への気持ちがないと手にはなかなかとりづらいかもしれません。(20代 女性) 2021.7.30

あなたにオススメ!

  • 日本美術全集 10 黄金とわ…
  • 日本絵画名作101選
  • 限定版 新撰 葛飾北斎 永寿…
  • 平木浮世絵コレクション大全
  • 日本美術全集 13 宗達・光…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ