空海 五大の響き

空海 五大の響き
ためし読み
定価
本体15000円+税
発売日
判型/頁
菊倍判/220
ISBN
9784096822913
〈 書籍の内容 〉
空海は、いまも生きている
日本の文化・精神史に大きな足跡を残し、全国に根強い弘法大師信仰が生きつづける「知の巨人・空海」。
高野山に生まれ育ち、この空海の軌跡を半世紀にわたり映像化し続けてきた写真家・永坂嘉光が、スピリチュアルで荘厳な作品の数々により“いまに生きる空海像"を描き出す。
密教の根本道場である東寺・高野山をはじめ、空海の生誕地から深山の修行の地、2年を過ごした唐(中国)の地も取材。帰朝後14年を過ごした神護寺も含め吉野、天川などゆかりの地の風景や秘仏には空海の気配がたしかに写しとられている。
本書のため東寺講堂の立体曼荼羅や伝真言院両界曼荼羅を撮り下ろし、高野山の記念行事も新撮。代表作と新作140余点、謎と伝説に満ちた空海像と空海の思想の根源「五大―地・水・火・風・空」のイメージを、豊かに思い描かせる圧巻の一冊。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
高野山で長年修行されている高僧をして「こんな景色がここにありましたか!」と驚かせる永坂作品。歴史ある堂塔や、雄大な自然がみせる四季の風景美だけでなく、聖地に漂う霊気のような見えない気配まで捉えてしまう、類い稀なる写真家だからです。半世紀にわたり追い続けてきた"生きている空海"の世界を凝縮させた一冊をご堪能ください。
〈 目次をみる 〉
第1章 千二百年の時を超えて
第2章 空海の足跡
第3章 紀伊山中の聖地
第4章 理想の密教道場 高野山

寄稿:
五大に皆響きあり       高野山真言宗宗務総長 添田隆昭
写真の中に空海の声を聞く 高野山大学名誉教授 静 慈圓
空海、むしろ弘法大師    池澤夏樹

東寺・高野山の行事     
本書関連地図

あなたにオススメ!

  • 空海 千二百年の輝き
  • 空海のこころの原風景
  • 永遠の宇宙 高野山
  • 阿修羅を究める
  • 愛蔵版 入江泰吉 大和路巡礼
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30