ミュシャ

-パリに咲いたスラヴの華

ミュシャ
ためし読み
定価
本体2,400円+税
発売日
判型/頁
B5判/128
ISBN
9784096820780
〈 書籍の内容 〉
主要作品を網羅し、ミュシャの全貌に迫る
日本で根強く、高い人気を誇るアール・ヌーヴォーの旗手アルフォンス・ミュシャ(1860~1939)。流れるような曲線や植物のモティーフと麗しい女性像を組み合わせた彼の作品は、「ベル・エポック(美しい時代)」と呼ばれた19世紀末のパリを華やかに彩り、一世を風靡しました。
 しかしそれらの作品のルーツは、チェコ東部モラヴィア地方に生まれたミュシャの、スラヴ民族としてのアイデンティティーにあります。本書では、主要作品を美麗な図版で網羅するとともに、ミュシャ財団の協力のもと、画家の故郷への取材や子孫へのインタビューを通して、数々の名作を生み出したミュシャの深い精神性とその原点に迫ります。
 本書は、2013年3月~14年6月にかけて、東京(六本木、森アーツセンターギャラリー)を皮切りに、新潟、松山、仙台、札幌の全国5会場で開催される、ミュシャ財団企画による8年ぶりの大規模な展覧会「ミュシャ財団秘蔵 ミュシャ展」開催を記念して出版されるヴィジュアル・ブックです。

あなたにオススメ!

  • 西洋絵画の巨匠 ミュシャ
  • ルーヴル美術館の名画 フェル…
  • ミュシャ アール・ヌーヴォー…
  • 笑うフェルメールと微笑むモナ…
  • ミュシャ ぬりえファンタジー
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ