「ゴッホの夢」美術館

ポスト印象派の時代と日本

「ゴッホの夢」美術館
ためし読み
定価
本体5000円+税
発売日
判型/頁
菊倍判/192
ISBN
9784096820650
〈 書籍の内容 〉
ゴッホが夢見た理想の国「日本」とは何か?
ファン・ゴッホは夢を見た。決して幸福とはいえない37年の短い生涯のなかで、たった一度だけ幸福な夢を見た。自分が「日本」に生きているという夢を(本書序文より)。
常に読者の人気が高い画家フィンセント・ファン・ゴッホ(1853~90)。彼がポスト印象派の画家として活動した19世紀末には、「ジャポニスム(日本趣味)」がヨーロッパを席捲していました。その時代の流れに呼応するかのように、ゴッホもまた「日本」に対する関心を深め、「自分の仕事のすべては、日本美術を基礎としている」と述べるほどになりました。
しかしゴッホにとって「日本」とは、単に制作上の様式や技法の範囲の問題にとどまりませんでした。熱心な浮世絵研究などを通して、ゴッホは、自らの芸術上の理想郷を「日本」に見出し、自然観や芸術観、人生観にまで至る深い思索と理念を形成していったのです。
本書では、ゴッホが夢見た理想の国「日本」とは具体的にどのようなものだったのか、同時代の画家たちの活動や世紀末ヨーロッパのさまざまな芸術思潮との関係を踏まえつつ、数多くの作品と書簡を通して具体的に明らかにしていきます。美麗な図版満載の「読む画集」です。

あなたにオススメ!

  • ゴッホが挑んだ「魂の描き方」
  • ゴッホ原寸美術館 100% …
  • オルセー美術館の名画101選
  • セーヌで生まれた印象派の名画
  • 大英博物館 春画
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ