東大寺お水取り 普及版

二月堂修二会の記録と研究

東大寺お水取り 普及版
定価
本体5500円+税
発売日
判型/頁
菊倍変/256
ISBN
4096807516
〈 書籍の内容 〉
千二百年にわたる秘儀の全貌を刻明な記録写真と論考で完全究明。
「お水取り」として親しまれている修二会は、天平勝宝から連綿と続いてきた驚異の伝統行事で、本年で1245回をかぞえる。天下泰安、風雨順時、五穀成熟、万民快楽を祈るこの行法は、2月20日から3月15日までの長期間におよび、3月1日から14日間にわたる本行では、11人の連行衆が二月堂の本尊十一面観音の前で厳しい行に励む。とくに12日深夜に行われる「お水取り」は、火の祭りと呼ぶにふさわしい豪華壮麗な炎の乱舞で、多くの人々の信仰を集め、毎年、数万の観光客が押し寄せる。  本書は、10年の歳月をかけ、暗夜の一瞬の所作にまで目を光らせた174点の迫力あるカラー写真でこの稀有な行法を再現。東大寺管長の守屋弘斎師による解説は、体験を踏まえた貴重な証言ともなっている。また、行事次第時刻表は行事の進行を見逃さず追うことができ、修二会聴聞には欠かせない。さらにこのたび普及版刊行にさいし、「二月堂修二会略年表」を収録、修二会の成立基盤とその背景が一見して解明できる。  本書は、行事所作を徹底分析した写真構成と詳細な解説・論考および関係資料の完全収録で、千二百余年にわたる秘儀の全貌を明らかにするとともに、「お水取り」聴聞に最適のガイドブックともなっている。

あなたにオススメ!

  • 小学館の図鑑Z 日本魚類館
  • 半島をゆく 第一巻 信長と戦…
  • 世界が感動する日本の「当たり…
  • 写真でわかる世界の防犯 遺跡…
  • 東大寺修二会 二月堂お水取り…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ