新編 日本古典文学全集

新編 日本古典文学全集64・仮名草子集

新編 日本古典文学全集64・仮名草子集
定価
5123円(税込)
発売日
判型/頁
/642
ISBN
4096580643
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
頭注・原文・現代語訳が同一ページ。二色刷
北海にすむ翼長三千里(一・二万キロ)の水鳥・大鴻が南極目ざして一日幾千万里を年を重ねて飛んだが、行き着かない。疲れて大木の枝先にとまったところ、枝と見えたのは大海老の髭だった。大鴻の高慢をいましめた大海老が、今度は自分が南極を目ざして漫々たる海へと泳ぎ出したが、明け暮れ急いだもののやはり行き着かず、ある洞穴に入って休んだところ、虚空より大声が響いて、なんと洞穴と見たのは大亀の耳の穴だった。今度は大亀が南極へと向かったが、……今日になっても帰らない。『一休ばなし』  ミクロとマクロを問われた一休和尚の、蝸牛角上の争いに次ぐ壮大なたとえ話である。  江戸初期、戦乱がようやくおさまると、学問が息を吹き返し、今日まで続く出版文化が花開き始めた。読者の旺盛な知識欲にこたえるため、平易な仮名書きの多様なジャンルの作品群が次々刊行され、全国シェアのベストセラーとなっていった。  本巻に収めたのは各分野を代表する作品。京都大震災のドキュメント『かなめいし』、ドロップアウトした男の事件録『浮世物語』、廓遊びの極意『たきつけ草・もえくゐ・けしずみ』、高名な奇僧の一代記『一休ばなし』、怪異小説の先駆け『御伽物語』の5作。

あなたにオススメ!

  • 日本の古典をよむ(8) 枕草…
  • 日本の古典をよむ(15) 宇…
  • 昭和文学全集 第28巻
  • 梅原猛著作集11 人間の美術
  • 日本の古典をよむ(19) 雨…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ