新編 日本古典文学全集

新編 日本古典文学全集59・謡曲集(2)

新編 日本古典文学全集59・謡曲集(2)
定価
本体4657円+税
発売日
判型/頁
/626
ISBN
4096580597
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
謡曲81作品に、頭注、現代語訳、能舞台の演出などを施した名作選。
能の一般的な分けかた、脇能(わきのう)、修羅物(しゅらもの)、鬘物(かずらもの)、四番目物(よばんめもの)、切能(きりのう)の五分類法は、シテ(主役)の性格からそれぞれ「神(しん)・男(なん)・女(にょ)・狂(きょう)・鬼(き)」とも言われ、本書には、四番目物(狂)26曲と切能(鬼)15曲が収録されています。  この四番目物は、“狂"と言っても、物狂(ものぐるい)の能ばかりではなく、他の四類には入れにくい曲を集めた観があり、言い換えれば、もっともバラエティのある作品が楽しめる章です。本書の収録作品では、「百万」「隅田川」「班女(はんじょ)」など、子どもや恋人を失って物狂に陥る狂女物をはじめ、「通小町(かよいこまち)」「錦木(にしきぎ)」などの恋の執心物、「砧」「綾鼓(あやのつづみ)」などの怨霊物(おんりょうもの)、「盛久」「景清」「俊寛」「安宅(あたか)」など『平家物語』や『義経記』に材をとった観音利生譚や冒険譚などです。別名“鬼"物の、切能の章では、「紅葉狩(もみじがり)」「黒塚(安達原)(あだちがはら)」の鬼、「鞍馬天狗」「善界(ぜがい)」の天狗(てんぐ)、「国栖(くず)」の神、「鵺(ぬえ)」の妖怪(ようかい)、「猩々(しょうじょう)」に登場する酒好きの妖精など、かつて造形され、愛好された超自然の生き物が、テンポの速い舞とともに活躍します。  本書は、「謡曲集(1)」に引き続き、謡本(うたいぼん)を底本に、頭注、現代語訳を付した3段組の編集で、能舞台上の演出も加えた、総合的な能の手引き書です。

あなたにオススメ!

  • 日本の古典をよむ(17) 風…
  • 昭和文学全集 第19巻
  • 梅原猛著作集5 古代幻視
  • 日本の古典をよむ(14) 方…
  • 昭和文学全集 第7巻
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829