新編 日本古典文学全集

新編 日本古典文学全集57・太平記(4)

新編 日本古典文学全集57・太平記(4)
定価
本体4267円+税
発売日
判型/頁
/498
ISBN
4096580570
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
南北朝の動乱を活写した軍記文学の最高傑作、完全訳注を添え遂に完結!
川に落とした十文の銭を捜すために、五十文のたいまつを買った青砥(あおと)左衛門。それを嗤(わら)った人々に彼は、「今捜さなければ十文は永久に川底に沈んでしまう。たいまつを売った者が利を得ただけと思うかもしれないが、高所からみれば、世間としては一文も失うことなく、六十文がその価値のままに生きるのだ」と説く。今や経済活性化の譬えにも引かれる有名な逸話である。『太平記』は南北朝の動乱を描きながらも、このような脇役とそのエピソードを織り交ぜて、飽きさせない。そもそも「太平記読み」という語り芸を生み、後世の芝居や小説類に多大な影響を与えた、とびきりのエンタテーインメントなのだ。――さて物語の展開はというと、足利尊氏が病死、二代将軍義詮の世となるが、肉親の直冬、また新田義貞・楠木正成といったかつてのライバルの遺児たちも蜂起し、世代が変わっても「太平」とはほど遠い乱世が続く。諸将野の浮沈の中で、佐々木道誉は相変わらずのバサラぶり。やがて三代義満の登場をもって本作は大円団を迎える。異本の多い『太平記』で、今回底本とした大正本は史実により近く、挿話も多い。その初の完全翻刻・全訳注の意味は大きい。

あなたにオススメ!

  • 日本の古典をよむ(16) 太…
  • 日本の近代 猪瀬直樹著作集1…
  • 日本の古典をよむ(14) 方…
  • 山本周五郎中短篇秀作選集 5…
  • 日本の歴史 南朝と北朝
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031