新編 日本古典文学全集

新編 日本古典文学全集55・太平記(2)

新編 日本古典文学全集55・太平記(2)
定価
本体4657円+税
発売日
判型/頁
/634
ISBN
4096580554
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
後醍醐帝による新政の実現と破壊。激化する南朝の内乱と衰退を描く。
中世の長編軍記物語、四分冊の二巻目。  執権北条高時に失望した足利高氏が鎌倉幕府から離反、関東の雄、新田義貞も挙兵して北条一門は滅亡、1333年、ついに鎌倉幕府は終焉を迎えた。伯耆国船上山に籠っていた後醍醐天皇は、この報を聞いて京都へ還幸、帝位を復し天皇親政を開始した。しかし、新政樹立に功のあった武士たちの報償を低く、公家の恩賞を高く評価したため武士たちの不満が募っていった。後醍醐の皇子、大塔宮は、世が平安になっても、不仲の足利高氏打倒のために武力を蓄えていた。危険を察した高氏の讒言により、宮は天皇への謀反のかどで捕縛、鎌倉に護送される。そのころ、北条の残党たちが鎌倉に攻め寄せ、この反乱の混乱のうちに大塔宮は殺害される。東国での乱の勃発に、朝廷では高氏を征夷大将軍に任じ、後醍醐の諱「尊治」の1字を与えて尊氏を名乗らせた。尊氏は東征して乱を鎮めたが、征夷大将軍の名のもとに新田義貞の領地を侵そうとして両氏の関係は緊張を来たす。ここに讒言があり、尊氏の謀反の計画が朝廷に伝えられると、今度は義貞を大将軍に任じ足利討伐を命じた。こうして天下は両勢に分かれ、各地で合戦が相次いだ。尊氏は勢力を増しつつ京都をめざし、天皇は吉野へ潜行、新田義貞も越前で自刃した。

あなたにオススメ!

  • 日本の古典をよむ(16) 太…
  • 日本の歴史 南朝と北朝
  • 逆説の日本史5 中世動乱編
  • 小学館版 学習まんが はじめ…
  • [ビジュアル版] 逆説の日本…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031