新編 日本古典文学全集

新編 日本古典文学全集53・曾我物語

新編 日本古典文学全集53・曾我物語
定価
本体4267円+税
発売日
判型/頁
/466
ISBN
4096580538
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
現代に生き続ける曾我十郎、五郎兄弟、世紀の敵討ち。
時は鎌倉幕府成立期、所領争いで河津三郎祐通(かわづさぶろうすけみち)が伊豆の奥野での狩りの帰り道、工藤祐経(くどうすけつね)の放った使者に惨殺される。祐通の子、一万(いちまん)と箱王(はこおう)、のちの曾我十郎・五郎の兄弟は父の敵(かたき)を誓い、時の権力者源頼朝の家臣でもあった祐経を頼朝の権力に恐れることなく、見事、富士の裾野で討ち果たす。本書は、現代にも、歌舞伎で「曾我物」として生きる、日本三大敵討ちのひとつ「曾我物語」の原点である。曾我兄弟の敵討ちに至るまでの苦闘、兄弟を支える母や十郎の恋人大磯の虎の情愛などの人間模様を活写した傑作である。本書では、地図、図版、写真を多数掲載し、より理解を深めることができるように配慮した。

あなたにオススメ!

  • 逆説の日本史5 中世動乱編
  • 昭和文学全集 第4巻
  • 日本の古典をよむ(13) 平…
  • 日本の古典をよむ(14) 方…
  • 日本の古典をよむ(9) 源氏…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31