新編 日本古典文学全集

新編 日本古典文学全集41・将門記/陸奥話記/保元物語/平治物語

新編 日本古典文学全集41・将門記/陸奥話記/保元物語/平治物語
定価
本体4657円+税
発売日
判型/頁
/650
ISBN
4096580414
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
風雲、急を告げる! 荒ぶる英雄たちが活躍する、初期軍記の傑作軍。
都の貴族が平安の春を謳歌していたころ、中央政府に敢然と反旗を翻し、関東に独立国をうちたて、自ら新たな天皇、「新皇」を称した男、平将門。その反乱の経緯と戦いの有様が記された『将門記』。それから百十数年後、奥州経営をめぐる安倍氏と清和源氏との長く苦しい戦い、いわゆる「前九年の役」の顛末を記した『陸奥話記』。その約百年の後、政権の中枢で、天皇家と摂関家、それぞれの内部の愛憎からこじれた、皇位継承をめぐる争いを描く『保元物語』。さらにその戦後処理の不満から発生したクーデターと、完膚無きまでに没落した源氏嫡流でひとり、斬首を免れて伊豆に配流される頼朝を「虎を野に放つ」と評して巻を閉じる『平治物語』。生と死、愛と戦いの歴史群像。

あなたにオススメ!

  • 逆説の日本史5 中世動乱編
  • 昭和文学全集 第4巻
  • 日本の古典をよむ(11) 大…
  • 昭和文学全集 第27巻
  • 日本の歴史 貴族のさかえ
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31