新編 日本古典文学全集

新編 日本古典文学全集35・今昔物語集(1)

新編 日本古典文学全集35・今昔物語集(1)
定価
5123円(税込)
発売日
判型/頁
/618
ISBN
409658035X
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
頭注・原文・現代語訳が同一ページ。二色刷。
平安期から鎌倉期にかけて、数多くの説話集が作られました。『今昔物語集』は、その中でも1000余りの説話を内包し、最大の規模を誇っています。内容的にも、天竺(インド)、震旦(中国)、本朝(日本)を舞台に、仏教説話・霊験説話・動物説話・歴史説話・世俗説話など、当時の世界のあらゆる方面に題材が及びます。登場者も、皇族・貴族をはじめ、僧侶・武士や、和歌・管弦・絵画・医術・占い・陰陽などの名人、芸能人、強盗、・殺人などの犯罪者、さらに霊鬼・妖怪まで跳梁暗躍し、その描かれている世界は、まさに、王朝時代の百鬼夜行絵巻のようです。  後世への影響については、特に、大正期の芥川龍之介の『今昔物語集』を題材とした諸作品が有名ですが、我が国古典文学の最高峰とされる『源氏物語』と対比しても、その文学的価値は、国際的にも近年高まってきています。  本全集は4分冊で、本朝仏法部及び世俗部(巻十一~巻三十一)を納めています。本書には、巻十一~巻十四、本朝仏法部を収録。日本仏教の創始を伝える聖徳太子、行基、役行者、神通力を失った、有名な久米の仙人の話もあります。

あなたにオススメ!

  • 日本の古典をよむ(12) 今…
  • 日本の古典をよむ(9) 源氏…
  • 日本の古典をよむ(15) 宇…
  • 梅原猛著作集1 聖徳太子 上
  • 日本の古典をよむ(1) 古事…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ