新編 日本古典文学全集

新編 日本古典文学全集28・夜の寝覚

新編 日本古典文学全集28・夜の寝覚
定価
本体4657円+税
発売日
判型/頁
/626
ISBN
4096580287
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
夫や肉親との軋轢に思い悩む女主人公の姿を描く、平安朝文学の傑作。
「夜の寝覚」の伝本は、現在、完全な形では存在せず、すべて中間と末尾に大きな欠落部分を持っている。そのため我々はこの作品の半分以下しか読むことができず、それが多くの読者を得ずに、作品の知名度を低くしている。しかし実際には、作者(菅原孝標の娘説が有力)の、主人公における女の業の追及と克明な心理描写によって、平安後期の物語の傑作とされ、専門家の評価は高い。  姉の婚約者・中納言と宿命的な関係となり、懐妊する女主人公・中の君は、姉と反目し合い苦悩するが、その後結婚した老関白とは死別し、遺児を守る未亡人となり、現実に目覚めて強い女に成長する。しかし中の君に執拗に言い寄る中納言、また帝の積極的な横恋慕、さらに周囲の女性たちの嫉妬も加わり、日夜煩悶する。そして、中の君の生霊が中納言の妻を苦しめる事件も起り、苦悩の末に出家を志すが、それも子ゆえに果たされない。恋愛の苦しみ、女性の苦しみ、母の苦しみ、そして男女を超えた人間の苦しみと、書名のとおり、寝覚めては苦悩に陥る中の君の様子が綿々と描かれる。欠落部分の内容も様々に推測されて、興味をかきたてる異色の作品である。  本作品研究の第一人者による克明で平易な注釈と、こなれた現代語訳が備わっていて、古典文を親しみやすいものにしている。

あなたにオススメ!

  • 残りの雪(下)
  • 残りの雪(上)
  • 日本の古典をよむ(13) 平…
  • 昭和文学全集 第12巻
  • 日本の古典をよむ(8) 枕草…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30