新編 日本古典文学全集

新編 日本古典文学全集25・源氏物語(6)

新編 日本古典文学全集25・源氏物語(6)
定価
本体4657円+税
発売日
判型/頁
/626
ISBN
4096580252
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
世界に誇る日本古典文学の原点。頭注 現代語訳がついて誰にでも読める。
長大な物語『源氏物語』は、光源氏の生まれてから成人するまでの第一部。その中年の恋の物語である第二部。そして、光源氏亡きあとを物語る第三部におおむね分けられる。 今回の第6巻は、その第三部の中心部分、華麗な「宇治十帖」の後半にあたる。光源氏の死後、主人公は、光源氏の子・薫と、匂宮という二人の若い世代に移る。作者・紫式部は、何事にもはえばえしかった光源氏とは対照的に、等身大の、身近な人物造形をこの二人にあてた。光源氏の子として生まれたが、その実、柏木と女三の宮の不義の子である薫は、不断の厭世感を身にまとい、悩み多い人生を生きることになる。愛する大君を亡くし、悲嘆にくれる薫は、その身代りとして、大君と生き写しの浮舟を愛するようになる。しかし、生来の「まめ男」である薫は、その恋におぼれきることはなく、ライバルである匂宮にとられてしまう。板挟みで苦しむ浮舟は、ついに入水を決意する…。ある意味では、非常に現代的なテーマに、作者はどう決着をつけるのか。長大な物語もついに完結。同一ページに、原文・頭注・現代語訳がはいり、誰もが、この日本古典文学の最高傑作を楽しむことができます。

あなたにオススメ!

  • 源氏物語 16 第16巻
  • 源氏物語 13 第13巻
  • 源氏物語 14 第14巻
  • 源氏物語 15 第15巻
  • 日本の古典をよむ(13) 平…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31