新編 日本古典文学全集

新編 日本古典文学全集24・源氏物語(5)

新編 日本古典文学全集24・源氏物語(5)
定価
本体4457円+税
発売日
判型/頁
/554
ISBN
4096580244
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
世界に誇る日本古典文学の原点。頭注・現代語訳がついて誰にでも読める。
長大な物語『源氏物語』は、光源氏の生まれてから成人するまでの第一部、その中年の恋の物語である第二部、そして、光源氏亡きあとを物語る第三部におおむね分けられている。今回の第5巻は、その第三部の導入部分、華麗な「宇治十帖」の始まりにあたる。栄耀栄華をきわめたスーパーマン・光源氏も、晩年は最愛の妻・紫の上を失い、憂愁のなかにその生涯を終える。その死後、主人公は、光源氏の子・薫と、匂宮という二人の若い世代に移る。作者・紫式部は、何事もはえばえしかった光源氏とは対照的に、等身大の、身近な人物造形をこの二人にあてた。光源氏の子として生まれたが、その実、柏木と女三の宮の不義の子である薫。その出生の秘密を知る彼は、不断の厭世感を身にまとい、悩み多い人生を生きることになる。光源氏の弟・八の宮の遺児、大君と中の君に対する、ライバル匂宮との恋のさやあて。はじめは大君を選びながら、その死後は、匂宮にゆずった中の君への思慕に苦しめられる薫。現代にも通じる、この愛すべきキャラクターの活躍が、この第5・6巻で楽しめる。同一ページに、原文・頭注・現代語訳がはいり、誰でもが、この日本古典文学の最高傑作に親しむことができる。

あなたにオススメ!

  • 源氏物語 12 第12巻
  • 源氏物語 11 第11巻
  • 日本の古典をよむ(13) 平…
  • 日本の古典をよむ(9) 源氏…
  • 源氏物語(下)
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ