新編 日本古典文学全集

新編 日本古典文学全集15・うつほ物語(2)

新編 日本古典文学全集15・うつほ物語(2)
定価
本体4657円+税
発売日
判型/頁
/642
ISBN
4096580155
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
わが国現存最古の物語。原文・頭注・現代語訳の三段組で、誰でも読める。
『うつほ物語』の名は、『源氏物語』に先行する、わが国現存最古の長編物語として、つとに知られていたが、実際にはあまり読まれていなかった。今回、最良の善本であるといわれる「前田家本」を底本として、『うつほ物語』の研究では第一人者といわれる中野幸一氏により、初めて一般の人にも読める注釈本として発刊した。第一冊目の評価は高く、続巻が期待されているなか、今回第二冊を刊行することができた。異界漂流と秘琴伝授で始まったこの物語は、第二冊目では、秘琴の後継者のいぬ宮の誕生と、将来の政争を予感させる立坊問題がテーマとなる。「菊の宴」から「蔵開(下)」までの七巻を収録。詳細な注と、初めての完全な現代語訳で、誰でも無理なく、この古典を読むことができる。

あなたにオススメ!

  • 日本の古典をよむ(9) 源氏…
  • 日本の古典をよむ(1) 古事…
  • 日本の古典をよむ(4) 万葉…
  • 日本の古典をよむ(2) 日本…
  • 源氏物語 5 第5巻
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31