新編 日本古典文学全集

新編 日本古典文学全集14・うつほ物語(1)

新編 日本古典文学全集14・うつほ物語(1)
定価
本体4457円+税
発売日
判型/頁
/578
ISBN
4096580147
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
わが国現存最古の長編物語。頭注・現代語訳がついて誰にでも読める。
『うつほ物語』の名は、『源氏物語』に先行する、わが国現存最古の長編物語として、つとに知られていたが、実際にはあまり読まれてはいなかった。研究の進んだ『源氏』に比べ、質のよい原本が少なく、また注釈書もあまり出ていなかったためで、その文学的価値は、決して『源氏』に劣るものではない。今回、最良の善本であるといわれる、「前田家本」を底本にして、『うつほ』に関する研究では第一人者といわれる中野幸一氏により、初めて一般の人にも読める注釈本として発刊することになった。『うつほ物語』は、異界漂流と秘琴伝授という伝奇的な幕開けで始まる。俊蔭―その娘―その子仲忠という、3代にわたる琴の伝授という流れと、あて宮という絶世の美女への求婚物語の、二つの筋が緊密にからみあい、物語を織りなしていく。第1巻には、「俊蔭」「藤原の君」「忠こそ」「春日詣」「嵯峨の院」「吹上上」「祭の使」「吹上下」の8巻を収録。第2巻には「菊の宴」から「蔵開下」まで、第3巻には「国譲上」から「楼上 下」までを収録して全3冊。同一ページに、原文・頭注・現代語訳がはいり、誰でも、この日本古典文学の傑作を、原文で読むことができます。

あなたにオススメ!

  • 日本の古典をよむ(9) 源氏…
  • 日本の古典をよむ(1) 古事…
  • 日本の古典をよむ(13) 平…
  • 源氏物語 3 第3巻
  • 源氏物語 4 第4巻
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ