新編 日本古典文学全集

新編 日本古典文学全集9・萬葉集(4)

新編 日本古典文学全集9・萬葉集(4)
定価
4903円(税込)
発売日
判型/頁
/562
ISBN
4096580090
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
最も信頼できる本文(原文・訓み下し文)、注、訳が見開きページ。二色刷
「言霊(ことだま)ってなあに?」  突然、娘に聞かれて弱ったという声を耳にしました。事の起こりは、サザン・オールスターズのヒット曲「愛の言霊」にあるようです。そこで一言。 『大辞泉』には、古代日本で、言葉に宿っていると信じられていた不思議な力。発した言葉どおりの結果を現わす力があるとされた。と解説され、次に「ことだまのさきわうくに」つまり「言葉の霊力が幸福をもたらす国。日本のこと」の用例が引かれます。これが『万葉集』巻五、894番の、あの貧窮問答歌で名高い山上憶良の長歌なのです。本全集本より引けば、 神代(かみよ)より 言ひ伝(つ)て来(く)らく そらみつ 大和(やまと)の国は 皇神(すめかみ)の 厳(いつ     く)しき国 言霊(ことだま)の 幸(さき)はふ国と 語り継ぎ 言ひ継がひけり…… (神代以来 言い伝えられたことですが そらみつ大和の国は 国つ神の威徳のいかめしい国 言霊の 助ける国だと 語り継ぎ 言い継いできました……)  そう言えば、中島みゆきも、札幌の藤女子大では『万葉集』を勉強したとか。時代の先端に大和言葉が突然、復活するのは、やはり言葉の生命力のなせるワザでしょうか。  新発見の成果も取り入れ今日、最も信頼できる本文を提供することができました。

あなたにオススメ!

  • 昭和文学全集 第28巻
  • 逆説の日本史3 古代言霊編
  • 梅原猛著作集4 海人と天皇(…
  • 日本の古典をよむ(2) 日本…
  • 日本の古典をよむ(1) 古事…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ