新編 日本古典文学全集

新編 日本古典文学全集4・日本書紀(3)

新編 日本古典文学全集4・日本書紀(3)
定価
本体4657円+税
発売日
判型/頁
/648
ISBN
409658004X
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
書かれた当時の訓みを再現する訓み下し文、最新の歴史注、現代語対訳
記紀の名で『古事記』と並び称される『日本書紀』は、天皇の命で編まれた日本国史の第1号。最新の発掘成果が『日本書紀』の記述を次々と裏づけて、模糊とした古代史像がより鮮明になりつつあることは連日の報道にも明らかです。古来、『魏志倭人伝』に名高い耶馬台国が、正統の国史に見当たらぬ不思議など、『日本書紀』の成立に関わる政治的意図が論議されてきました。勝者が自己の正当性を主張し、権力の永続をはかるためにつくる性格を色濃くもつ歴史書の常からも、ありそうな話です。ともあれ、神話時代から始まる『日本書紀』も、三分冊目の本書では、成立年時(720年)を遡ること約100年前の推古女帝の死去(628年)に始まり、持統女帝の譲位(697年)に筆をおく約70年間、つまり当時の現代史に匹敵する出来事を扱います。実にこの間に、朝鮮半島では百済が滅亡し、日本への緊張が高まるなか、蘇我氏の専横と大化の改新による中大兄皇子(後の天智天皇)のクーデター。その子大友皇子と大海人皇子(後の天武天皇)の天下分け目の壬申の乱など生き生きと描かれます。

あなたにオススメ!

  • 逆説の日本史2 古代怨霊編
  • 日本の古典をよむ(2) 日本…
  • 日本の古典をよむ(3) 日本…
  • 新史論/書き替えられた古代史…
  • 天智と天武 1
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ