江戸のきものと衣生活

江戸のきものと衣生活
定価
本体3,800円+税
発売日
判型/頁
B5/176
ISBN
9784096262412
〈 書籍の内容 〉
今日のきものの原形である「小袖(こそで)」は、平安時代後期、公家の人々の下着であり、また庶民の実用着だったものです。その小袖が、近世の頃から階層に関係なく中心的衣服となり、江戸時代には染織・農耕技術の改良、交通網・情報網の発達、町人を中心とした文化の充実などと絡み合い、絢爛たるきもの文化を花開かせたのです。本書は、江戸のきものの発展から生産流通、文化まで、すべてがわかる江戸の服飾文化解説の決定版です。300点余の図版を収録し、第一人者の研究者がわかりやすく解説します。袖はなぜ長いのか? 帯はなぜ幅広なのか? 洗濯や収納はどうやっていたのか? 流行はどのように広まったかなど、知的好奇心を満たす本です。

あなたにオススメ!

  • ビジュアル・ワイド 江戸時代…
  • 江戸の食文化
  • 大江戸しあわせ指南
  • “通”になる “粋”になる …
  • 江戸の判じ絵 これを判じてご…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ