日本論の視座 列島の社会と国家〔新装版〕

〈 電子版情報 〉
日本論の視座 列島の社会と国家
Jp-e : 096262090000d0000000
「日本」という国号の由来は、意味は? それはいつ定められたのか。自らの国号の正確な意味を知らないまま、「日本国」が語られ、「均質性の高い日本民族」という意識が深く根を下ろし、「常識」とされてきた。著者は、その意識が「国旗」「国歌」の強制にも端的に現れており、こうした「日本民族」論の抑圧性と閉鎖性の克服こそが急務であると語る。檜物師(ひものし)や桂女(かつらめ)などの職人・商人をはじめ、遊女や楽人(がくじん)など芸能に携わる人びとや博打(ばくち)、乞食(こつじき)、悪党など、中世社会のさまざまな人びとの生活を通して、多様な日本の実像を描き出し、単一民族・国家論を喝破する。

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

あなたにオススメ!

  • 日本社会再考 海からみた列島…
  • 新修 日本の神話を考える
  • 鍛冶屋の教え 横山祐弘職人ば…
  • 日本社会再考 海民と列島文化
  • 愛(いと)しくて さよなら
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ