江戸の判じ絵 これを判じてごろうじろ

江戸の判じ絵 これを判じてごろうじろ
定価
本体2400円+税
発売日
判型/頁
A4/144
ISBN
4096261319
〈 書籍の内容 〉
目で見るなぞなぞ!? 江戸時代の庶民との知恵くらべ。
江戸時代を通じて庶民の知的娯楽のひとつだった判じ絵。これは言葉を絵に置き換え、しかもその絵とは全く無関係で「音(オン)」だけが共通しているという仕掛け、つまり目で見るなぞなぞといえるもの。本書は、幕末以降に大量に刊行された「もの尽くし判じ物」を中心に、見て読んで、解読に挑戦する構成。判じ絵の成り立ちやポイントをやさしく解説し、入門編から徐々にグレードアップします。東海道や暦、干支の入門編、国尽くしや江戸名所の初級編、勝手道具などから江戸庶民の暮らしがわかる中級編、歴史や文化の知識が必要な上級編、そして長文まで。謎染めや美人見立て図など充実したコラムも満載。現代にも通じる判じ絵の数々、江戸時代の庶民たちとの知恵くらべです。

あなたにオススメ!

  • “通”になる “粋”になる …
  • “通”になる “粋”になる …
  • “通”になる “粋”になる …
  • 大江戸見聞録 江戸文化歴史検…
  • ビジュアル・ワイド 江戸時代…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ